阿川大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿川 大樹
誕生 1954年
日本の旗 日本 東京都
職業 小説家推理作家コラムニスト随筆家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1999年 -
ジャンル 推理小説随筆
主な受賞歴 第16回サントリーミステリー大賞優秀作品賞
第2回ダイヤモンド経済小説大賞優秀賞
デビュー作 天使の漂流
公式サイト 阿川大樹公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

阿川 大樹(あがわ たいじゅ、1954年12月1日 - )は、日本小説家推理作家コラムニスト随筆家ジャーナリスト作曲家東京大学教養学部基礎科学科卒業。神奈川県横浜市在住。日本推理作家協会会員。

経歴[編集]

1976年に東京大学在学中に同じ演劇研究会に所属していた野田秀樹らと劇団夢の遊眠社を旗揚げした。同劇団の専属作曲家になったのち、日本電気アスキーなど電機メーカーを渡り半導体技術者になった。そして1989年、半導体関連の企業をほか6人とアメリカ合衆国カリフォルニア州創立させたが同社は1997年に解散したため、著作活動を再開。1999年、『天使の漂流』で第16回サントリーミステリー大賞優秀作品賞を受賞。2005年、『覇権の標的』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞優秀賞を受賞し、同作にて小説家デビュー。

2015年には、長編小説「横浜黄金町パフィー通り」が舞台化[1]

発言・主張など[編集]

選択的夫婦別姓について[編集]

「同じ姓を名乗りたい人はいままでどおりなのだし、望んでいる人たちに選択の自由を与えるだけの話」と述べ、選択的夫婦別姓制度導入を支持する。「選択的夫婦別姓に反対する人って、誰かにとって大きなメリットがあっても、自分と価値観やライフスタイルの異なる生き方を認めるのは嫌だってことだよね。」と、反対論者を批判する[2]。また、「日本人全員が苗字をもつようになったのは1875年。翌76年に『夫婦別姓』が規定され、1898年まで22年間別姓が続いた。夫婦同姓になったのは1898年からで、まだ115年の歴史しかない。同姓は日本古来の文化ではない。むしろ最初は別姓だった。」とも述べる[3]

作品リスト[編集]

  • 天使の漂流(未単行本化)
  • ワールドカップは終わらない(ブッキング、2002年12月)ISBN 9784835471396
  • 覇権の標的(ダイヤモンド社、2005年12月)ISBN 9784478930748
  • D列車でいこう(徳間書店、2007年5月)ISBN 9784198623296
  • フェイク・ゲーム(徳間書店、2009年5月)ISBN 9784198627294
  • 幸福な会社 (徳間書店、2011年4月) ISBN 9784198933388
  • インバウンド (小学館、2012年7月)ISBN 978-4093863353
  • ショウルームの女(徳間書店、2013年10月)、ASIN B00FR1L7JU
  • あなたの声に応えたい (小学館、2014年6月)ASIN B00L46OGPY
  • 作家の日常(マイカ文庫、2014年4月)ASIN B00JR5HBMO
  • 横浜黄金町パフィー通り(徳間書店、2014年6月)ISBN 978-4198638092
  • 終電の神様(実業之日本社文庫、2017年2月) ISBN 978-4408553474

脚注[編集]

  1. ^ 小説「横浜黄金町パフィー通り」を舞台化 地元アーティストと演劇人が連携、ヨコハマ経済新聞、2015年5月27日
  2. ^ 阿川大樹のつぶやきの壺焼き、2013年2月16日
  3. ^ 本人のツイッター、2013年07月07日