阿志都弥神社・行過天満宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿志都弥神社
Ashidumi-Shrine-Yukisugi-Tenmangu.jpg
所在地 滋賀県高島市今津町弘川1707-1
位置 北緯35度24分24.0秒
東経136度01分32.8秒
主祭神 木花開耶姫命
菅原道真公
社格 式内社・旧郷社
創建 不詳
本殿の様式 三間社流造
別名 桜花大明神・行過天満宮
例祭 4月25日[1]
テンプレートを表示

阿志都弥神社・行過天満宮(あしづみじんじゃ・ゆきすぎてんまんぐう)は、滋賀県高島市今津町弘川にある神社である。式内社論社で、旧社格郷社

祭神[編集]

神紋[編集]

  • 山桜 梅鉢

歴史[編集]

創祀年代不詳であるが、社伝によると、社殿を持たなかった時代、この地にあった山桜の木に木花開耶姫命を勧請し、「桜花大明神」と称した。長徳4年(998年)に菅原輔正が菅原道真公を勧請し、行過天満天神を併せ祀ったと伝えられている。阿志都弥神社は、式内社論社である。善積郷の惣社である。旧郷社。

祭祀[編集]

神事[編集]

社家[編集]

神職は、田谷家が代々世襲する。

境内社[編集]

  • 稲荷神社
  • 白山神社 - 北生見・南生見に鎮座していた2つの白山神社を遷座した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 祭礼日は神事(祭儀)のみ挙行。