阿恵官衙遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Historical site-Place of scenic beauty-Natural monument-Protected animal plant).svg 阿恵官衙遺跡
阿恵官衙遺跡の位置(福岡県内)
阿恵官衙遺跡
福岡県における位置
所在地 日本 福岡県糟屋郡粕屋町
座標 北緯33度36分51.8秒 東経130度27分30.5秒 / 北緯33.614389度 東経130.458472度 / 33.614389; 130.458472座標: 北緯33度36分51.8秒 東経130度27分30.5秒 / 北緯33.614389度 東経130.458472度 / 33.614389; 130.458472
種類 遺跡
歴史
時代 飛鳥時代奈良時代
追加情報
所有者 九州大学農学部
管理者 九州大学農学部
文化財指定 国の史跡(2020年指定)

阿恵官衙遺跡(あえかんがいせき)は、福岡県糟屋郡粕屋町にある、飛鳥時代から奈良時代にかけての筑前国糟屋評(かすやのこおり)の役所跡とされる遺跡。国の史跡に指定されている[1]

遺構[編集]

博多湾沿岸に位置し[2]、飛鳥時代から奈良時代(7世紀後半から8世紀)にかけての筑前国糟屋評の役所跡とされる遺跡。2013年度から2016年度にかけて、粕屋町発掘調査で発見された[3]九州大学農学部付属原町農場で実施された発掘調査の結果、政庁跡、正倉跡、古代道路跡が良好な状態で検出された。政庁、正倉は建替えと増築が行われたことも明らかになっている[1]。また、官衙の特徴を示す道具として、役人が字を書くために用いる円面硯や獣脚硯といったも出土した[3]

文化財[編集]

国の史跡[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 阿恵官衙遺跡(あえかんがいせき)”. 粕屋町 (2020年3月10日). 2020年5月30日閲覧。
  2. ^ 阿恵遺跡”. sitereports.nabunken.go.jp(全国遺跡報告総覧). 奈良文化財研究所. 2020年3月28日閲覧。
  3. ^ a b c 福岡)粕屋の官衙遺跡が新たに国史跡指定へ:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 朝日新聞. 2020年3月28日閲覧。
  4. ^ “阿恵官衙遺跡を国の史跡に指定 文化審議会答申 /福岡”. 毎日新聞. (2019年11月18日). https://mainichi.jp/articles/20191118/ddl/k40/040/282000c 2020年5月30日閲覧。 
  5. ^ 阿恵官衙遺跡が国の史跡に指定されました”. 粕屋町 (2020年4月14日). 2020年5月30日閲覧。