阿武火山群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿武火山群の火山と溶岩の分布図 GIF版

阿武火山群(あぶかざんぐん)は、山口県萩市にある独立単性火山群のこと。2003年気象庁活火山見直しにより活火山に指定された。

およそ400km2の地域に約40の単成火山が点在する。個々の火山体は小規模で10−1km3あるが、火山群全体では3.5km3程度である[1]。また、それぞれの小規模な火山体は1回の活動で形成されたと考えられる[1]。山体毎に玄武岩安山岩デイサイト質など多様な性質の岩質で形成され、流動性に富む溶岩流を伴なう事の多いスコリア丘や流動性のとぼしい厚い溶岩流、溶岩円頂丘、成層火山などからなり[1][2]、形成年代と岩質に規則性は無いとされている[2]

構成火山[編集]

主な単成火山は大島、相島、笠山、千石台、羽賀台、伊良尾山、鍋山(ただし紫福鍋山火山と宇生賀鍋山火山の二箇所存在する)など約40の小火山体が確認されている。玄武岩安山岩の溶岩を噴出し、火砕丘溶岩流溶岩台地・溶岩平頂丘などの火山地形がある。その内、スコリア丘は笠山、伏馬山、権現山などに15個ほど。 また、海底火山が10程度存在するが、これは本来の意味での海底火山ではなく、噴火時は陸上だった火山体がその後の海面上昇によって海面下に沈んだものである。このため、これらの火山は「海面下に沈んだ火山」と表現される。[3]

活動年代[編集]

K-Ar年代測定結果より,200万年前〜150万年前の前期阿武単成火山活動(中小川の溶岩台地と杉原-長尾にかけての溶岩台地を形成)と、約80万年前からの後期阿武単成火山活動に区分され、最新の活動は約8000年前の笠山(下部が溶岩流、上部はスコリア丘)である[1]。なお、最新噴火年代は火山学者の永尾隆志が2001年に3300年前とする報告を行った[4]が、永尾隆志(2002)にて8800年前と修正された[5][6]

過去1万年間の噴火活動
笠山では、約11000年前には玄武岩質安山岩の溶岩台地が形成され、8800年前の最新噴火ではストロンボリ式噴火によりスコリア丘が形成された[7][6]
有史以降
有史以降の活動は無い。

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 角縁進、永尾隆志、長尾敬介(2000) 、【原著論文】阿武単成火山群のK-Ar年代とマグマ活動史 2000年 29巻 5号 p.191-198, doi:10.2465/gkk.29.191
  2. ^ a b 藤一郎, and 宇井忠英. "阿武単成火山群の地質(日本火山学会 1979 年春季大会講演要旨)." 火山. 第2集 1979年 24巻 2号 p.93-, doi:10.18940/kazanc.24.2_93_2
  3. ^ 阿武火山群(海域)における海底地形について 海上保安庁 噴火予知連連絡会会報 第105 (PDF)
  4. ^ 永尾隆志、高島勲、角縁進、木村純一、阿武単成火山群の熱ルミネッセンス年代 : 萩・笠山火山のスコリア丘は 3,000 年前に噴火した 日本火山学会講演予稿集 2001.2 巻 (2001), doi:10.18940/vsj.2001.2.0_75
  5. ^ オープンエア・ミュージアム山口の火山 : 阿武単成火山群と青野火山群 著:永尾隆志、出版:桜プリント社 2002/4
  6. ^ a b 阿武火山群 笠山スコリア丘噴火 産業技術総合研究所 1万年噴火イベントデータ集
  7. ^ 阿武火山群 - 気象庁

関連項目[編集]