阿波しじら織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

阿波しじら織(あわしじらおり)は、徳島県徳島市で生産される綿織物とくしま市民遺産選定。徳島県指定無形文化財経済産業大臣指定伝統的工芸品

歴史[編集]

1866年慶応02年) - 阿波しじら織の前身は「たたえ織」という木綿織物で、阿波国名東郡安宅村(現徳島市安宅)の海部ハナがそれを改良して創案した。経糸の張力差を利用し、独自のシボを出すのが特徴である。

1978年昭和53年)07月22日 - 阿波藍を使用した「阿波正藍しじら織」が経済産業大臣指定伝統的工芸品に選定。

2010年平成22年)03月01日 - とくしま市民遺産に選定。

関連項目[編集]

参考文献[編集]