阿蘇惟郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
阿蘇惟郷
時代 室町時代前期 - 後期
生誕 不明
死没 文明2年6月12日1470年7月10日
氏族 阿蘇氏
父母 父:阿蘇惟村
惟忠
テンプレートを表示

阿蘇 惟郷(あそ これさと)は、室町時代前期から後期にかけての武将

略歴[編集]

阿蘇惟村の子として誕生。

応永13年(1406年)5月、父・惟村から家督を譲られて当主となった。惟村は同年に死去し、名実共に当主となった惟郷は九州探題渋川満頼や4代将軍・足利義持から大宮司職や神官職を安堵されている。

永享3年(1431年)3月には阿蘇社の規則などを定め、同年6月には子・惟忠に家督を譲っている。晩年は、従兄弟の惟政とその子・惟兼との対立で苦しんだと言われている。

文明2年(1470年)、死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]