阿部千一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

阿部 千一(あべ せんいち、1893年11月23日[1] - 1972年9月3日)は、日本の政治家衆議院議員岩手県知事1955年1963年)などを務めた。

生涯[編集]

1893年岩手県稗貫郡湯口村(現在の花巻市)出身[1]。仮死状態で生まれ、家族は一時あきらめたが、祖母が千に一つの望みに、と医師を呼んで手当をしてもらって奇跡的に助かったことから、千一と名付けられた。盛岡中学校第一高等学校を卒業。盛岡中学の二年後輩の宮沢賢治とは、一時寄宿舎が同室だった。旧制一高の同級に、福本和夫橘孝三郎宮崎竜介、一年上級に、菊池寛久米正雄倉田百三矢内原忠雄らがいた。

1919年(大正8年)、東京帝国大学法学部政治科を卒業し、同年に高等試験に合格した[1]日本統治時代の朝鮮に渡り、朝鮮総督府政務総監水野錬太郎の秘書官であった、守屋栄夫の秘書となる。1925年大正14年)より慶尚南道財務部長、咸鏡北道警察部長、咸鏡南道警察部長、平壌府尹、慶尚北道内務部長、慶尚南道知事を歴任した[2]1938年(昭和13年)に退官した後は、日本産金振興株式会社理事、朝鮮金山開発株式会社社長、玉渓金山株式会社社長、朝鮮産金買入株式会社社長、合成鉱業株式会社社長などを務めた[2]

1947年に知事の国分謙吉の招きにより岩手県副知事に就任。1952年衆議院議員となり、1955年から1963年まで2期8年にわたって岩手県知事を務めた。1972年脳軟化症のため78歳で逝去。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『輓近大日本拓殖史』日本行政学会、1934年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版』帝国秘密探偵社、1943年。