阿部喜之丞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

阿部 喜之丞(あべ きのじょう、1886(明治19)年-1972(昭和47)年)は、日本都市計画家土地区画整理及び耕地整理技術者。東京市時代は掛長として東京市域の耕地整理事業を、1940年に起きた静岡大火災害後の復興のために設置された静岡市臨時復興局・臨時復興局長として、耕地整理事業と土地区画整理事業に辣腕を振るう。新潟県旧高田市生まれ。1964年に勲四等旭日小綬章、死去後に勲三等瑞宝章叙勲。趣味に俳句書道弓道などで、帰去来と号した。

静岡市臨時復興局時代にはさらに登呂遺跡の重要性を認識、登呂を都市計画での根幹と目をつけて、遺跡全域の地形測量や露出遺構・自然樹根等の位置特定測量を実施し、そのときの実測図は水田跡を理解するための基礎となった。

世田谷区立郷土資料館の常設展示・世田谷の歴史と文化で、阿部喜之丞が区画整理事業に使用したトランシット(測量機器)が展示されている。

概要[編集]

明治39年東京帝国大学農科大学実科(のちの東京高等農林学校→現東京農工大学農学部)卒業。農業工学を専攻。卒業後は山梨県長野県に農業技手として勤務。この時代に大場信続と知己となる。 大正4年から帝室林野管理局に勤務。関東大震災後に帝都復興院が発足すると技師として転出。その後大正13年東京市職員。市の技師として震災復興事業に従事。復興局出張所開設後は区画整理課長の重責を果たす。昭和5年の事業完成とともに市役所都市計画課の整地掛長に転任し、土地整理組合の指導育成に傾注。昭和6年の区画整理協会全国連合会の発足や機関紙『区画整理』の編集にも携わり続ける一方、東京市土地区画整理助成規定制定に尽力。東京新市域の組合事業の活況を担い、旧都市計画法第十三条による市施行発案で東京市内主要ターミナル駅周辺の調査企画と都市計画決定に導く。

昭和15年の静岡大火後、静岡市の復興局長で派遣される。静岡の後は愛知県などの各都市で都市行政にかかわる。戦後は戦災復興院から、後の建設省にも勤めた。この他に世田谷信用金庫理事、大場家代官屋敷保存会理事などを歴任。また東京農業大学の講師を務め後進の指導にあたった。

1964年には土地区画整理事業の発展に多大な功績のあった人物、年齢60歳以上の者で土地区画整理の実務に20年以上たずさわり、土地区画整理事業に関して大臣表彰その他国家的表彰を受けたことのない者に、その労苦をねぎらうため、資金を寄託、公益財団法人 都市計画協会の区画整理部門表彰(公益社団法人 街づくり区画整理協会が受賞者に副賞を授与)として土地区画整理阿部功労賞を設けた。

著作[編集]

  • 復興事業の回顧、新都市 14(12), 40,47-50,57, 1960年12月号
  • 土地区画整理の回顧、区画整理、6701号
  • 都市計画と農地とに関連して北海道パイロット・ファームを視る、新都市 12(3),1958年3月号
  • 伝統のまち相馬市、新都市 10(7),1956年7月号
  • 風に吹かれて、新都市 10(1), 22-26, 1956年1月号
  • なつかしの北海道、新都市 6(6), 83-85, 1952年6月号
  • 夢想「湯之川市民霊廟」由来記、新都市 5(4), 24-26, 1951年4月号
  • 南聞北話-4- 、新都市 4(7), 30-32, 1950年7月号
  • 静岡市の復興に就て. 都市問題. 1940年6月号第30巻第6号
  • 土地区画整理の本質とそれの公共用地収得及都市計画事業実施への協力/都市計画の基本問題に就て. 都市問題. 1938年10月号第27巻第4号
  • 小学校の敷地選定に就て. 都市問題. 1937年10月号第25巻第4号
  • 研究録 Vol.1, 阿部喜之丞自筆ノート
  • 土地区劃整理大意. 東京都建設局区劃整理課, 1947

出典[編集]

  • 都市計画Vol.154 1988年9.16 083 Who was Who(7) “石井桂”“阿部喜之丞”“大橋武夫”“池田宏” - 大河原春雄・渡辺孝夫・渡辺俊一・佐藤昌
  • 農業土木学会誌 第39卷 第04号
  • 平成13年度 國學院大學学術フロンティア構想「劣化画像の再生活用と資料化に関する基礎的研究」事業報告書