阿部嘉輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
阿部 嘉輔
生誕 1890年4月7日
日本の旗 日本 山口県
死没 1976年1月21日(満85歳没)
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 日本海軍
軍歴 1912年 - 1945年
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

阿部 嘉輔(あべ かすけ、1890年4月7日 - 1976年1月21日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

山口県出身。地主・阿部亀太郎の息子として生れた。豊浦中学校を経て、1911年7月、海軍兵学校39期)を卒業し、1912年12月、海軍少尉に任官。海軍大学校航海学生として学び、運送船「労山」航海長、「秋津洲」航海長、練習艦隊参謀、「春日」航海長などを経て、1923年10月、海軍大学校(甲種21期)を卒業した。

その後、「長良」航海長を経て、1924年4月、海軍省副官海相秘書官となり村上格一及び財部彪大臣に仕えた。さらに、フランス駐在、「迅鯨」副長、軍令部出仕、海大教官、「那珂艦長内閣調査局調査官、海軍省臨時調査課長、「山城」艦長などを経て、1938年11月、海軍少将に進級。企画院第2部長、軍令部出仕、海大教頭などを歴任。

太平洋戦争を第7根拠地隊司令官として迎え、父島の守備に当たった。海軍航海学校長を経て、1942年11月、海軍中将となった。さらに水路部長を勤め、1945年5月、予備役に編入された。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。