阿部大治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿部 大治
基本情報
本名 阿部 大治
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-11-27) 1991年11月27日(27歳)
出身地 新潟県柏崎市
所属 チームゼロス
→HMC
身長 180cm
体重 77kg
リーチ 180cm
階級 ウェルター級
バックボーン 柔道
キックボクシング
テンプレートを表示

阿部 大治(あべ だいち、1991年11月27日 - )は、日本男性総合格闘家キックボクサー柔道家新潟県柏崎市出身。HMC所属。初代J-NETWORKライトヘビー級王者。第11代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト

来歴[編集]

小学校2年時から柔道を始め[1]新潟県立豊栄高等学校3年時にはインターハイ男子柔道90kg級で優勝を成し遂げた[2]。卒業後は東海大学から学費全額免除の推薦入学の誘いが来ていたが、地元・柏崎市のチームゼロスに入門しキックボクサーへ転身[3]2011年に『大治ZLS』のリングネームでプロデビューすると、2014年にはJ-NETWORK初代ライトヘビー級王者に輝いた。

その後はハワイのHMCで総合格闘技のトレーニングを積み、2015年4月にプロデビュー戦を行うことが決まっていたが、試合の1週間前に自動車事故を起こし、右足甲を剥離骨折したため取り止めとなった。さらに負傷箇所から細菌が入り込んだことが原因で肺血種を患い、一時は生死の境を彷徨う状況にまで陥ったが、5度に渡る大手術を経て回復し、1年後の2016年4月に晴れてデビューを飾った[3][4]

パンクラス[編集]

2016年9月11日、PANCRASE 280で奈良貴明と第22回ネオブラッド・トーナメントウェルター級決勝戦を行う予定だったが、奈良の負傷欠場により不戦勝で優勝となった[5]

2017年7月2日、PANCRASE 288のウェルター級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで王者の三浦広光と対戦。2Rに右フックでダウンを奪い、パウンドでTKO勝ちを収め、パンクラス史上最速記録となるデビュー4戦目での王座獲得に成功した[6]

UFC[編集]

2017年9月23日、UFC初出場となったUFC Fight Night: Saint Preux vs. Okamiイム・ヒョンギュと対戦し、3-0の判定勝ち。

2018年2月11日、UFC 221でルーク・ジュモーと対戦し、0-3の判定負け。総合格闘技初黒星を喫した。

2018年4月18日、パンクラスのウェルター級王座を返上したことが発表された[7]

2018年6月23日、UFC Fight Night: Cowboy vs. Edwardsリー・ジンリャンと対戦し、0-3の判定負け。2連敗を喫し、UFCからリリースされた[8]

ONE[編集]

2018年10月26日、ONE初出場となったOne Championship: Pursuit of Greatnessでルイス・サントスと対戦。左ミドルキックを効かされ、試合開始33秒でKO負け。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
10 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
6 4 0 2 0 0 0
4 1 1 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× エブ・ティン 2R 4:44 リアネイキドチョーク One Championship: Masters of Destiny 2019年7月12日
× ルイス・サントス 1R 0:33 KO(左ミドルキック) One Championship: Pursuit of Greatness 2018年10月26日
× リー・ジンリャン 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Cowboy vs. Edwards 2018年6月23日
× ルーク・ジュモー 5分3R終了 判定0-3 UFC 221: Romero vs. Rockhold 2018年2月11日
イム・ヒョンギュ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Saint Preux vs. Okami 2017年9月23日
三浦広光 2R 0:26 TKO(右フック→パウンド) PANCRASE 288
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2017年7月2日
ブライソン・カマカ 1R 0:35 KO(左フック→パウンド) Mid-Pacific Championships 1 2017年2月17日
高木健太 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 282 2016年11月13日
中村勇太 1R 2:08 KO(右ストレート) PANCRASE 280 2016年9月11日
五十嵐涼亮 1R 0:24 TKO(スタンドパンチ連打→パウンド) PANCRASE 277
【ネオブラッド・トーナメント ウェルター級 1回戦】
2016年4月24日

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
14 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
10 7 3 0 0 0
4 1 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
藤田智也 1R 2:31 KO J-KICK 2014 ~The sign of brave heart~ 3rd
【J-NETWORKライトヘビー級初代王座決定戦】
2014年8月17日
KONZISI BADBOY 3R終了 判定3-0 J-KICK 2014 ~The sign of brave heart~ 1st
【J-NETWORKライトヘビー級初代王座決定トーナメント 1回戦】
2014年3月29日
臼井憲史 1R 2:53 KO J-FIGHT in SHINJUKU ~vol.35~ 2014年1月26日
× 松本哉朗 3R終了 判定0-3 TITANS NEOS XIV 2013年9月16日
嚴士鎔 1R 2:37 TKO MAGNUM 32 2013年7月21日
吉沢大 1R 2:02 KO TNK1 feat. REBELS 2013年6月9日
× 木村秀和 3R+延長1R終了 判定0-3 J-KICK 2013 ~Road to the King of J~ 1st
【J-NETWORKヘビー級王座決定トーナメント 1回戦】
2013年1月14日
× タイガー・ナッツ 3R終了 判定0-3 RISE ZERO 2012年10月28日
小澤和樹 3R終了 判定3-0 RISE 89 2012年7月1日
戦闘民族克巳 2R 2:35 KO RISE ZERO 2012年4月1日
× 木村秀和 3R 2:53 TKO RISE ZERO 2011年12月18日
野尻和樹 3R終了 判定2-1 RISE 82
【RISING ROOKIES CUP ヘビー級 決勝】
2011年9月23日
岡野文人 1R 2:43 KO RISE 78 2011年6月4日
2R 2:53 KO RISE 76
【RISING ROOKIES CUP ヘビー級 1回戦】
2011年4月17日

獲得タイトル[編集]

柔道[編集]

キックボクシング[編集]

総合格闘技[編集]

  • パンクラス 第22回ネオブラッド・トーナメント ウェルター級 優勝(2016年)
  • 第11代ウェルター級キング・オブ・パンクラス(2017年)

表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 阿部大治|UFC JAPAN”. UFC. 2018年1月6日閲覧。
  2. ^ 【インターハイ第3日レポート】①男子個人戦81kg級、90kg級”. eJudo (2009年8月21日). 2018年1月6日閲覧。
  3. ^ a b 【UFN117】6戦目のUFCデビュー決定──不死鳥=阿部大治 「誰に対してもスタイルは変えません!!」”. MMAPLANET (2017年7月25日). 2018年1月6日閲覧。
  4. ^ 阿部大治UFC初参戦 右足甲のケガから奇跡の復活”. 日刊スポーツ (2017年9月7日). 2018年1月6日閲覧。
  5. ^ ネオブラ・ウェルター級の阿部大治が不戦勝で優勝に:9.11 有明”. バウトレビュー (2016年9月1日). 2018年1月6日閲覧。
  6. ^ 【パンクラス】阿部がTKO勝ち、史上最速4戦目で王座奪取”. イーファイト (2017年7月2日). 2018年1月6日閲覧。
  7. ^ パンクラス 7.1 新木場スタジオコースト:4連続1R勝利の佐藤天×UFC 3戦経験のグライコ・フランサでウェルター級王座決定戦”. バウトレビュー (2018年4月18日). 2018年10月6日閲覧。
  8. ^ ONE Championship 10.26 ミャンマー:徳留一樹がONE 2戦目。阿部大治が初参戦”. バウトレビュー (2018年10月6日). 2018年10月6日閲覧。

関連項目[編集]

前王者
王座新設
初代J-NETWORKライトヘビー級王者

2014年8月17日 - 2015年3月27日

空位
次タイトル獲得者
木村秀和
前王者
三浦広光
第11代パンクラスウェルター級王者

2017年7月2日 - 2018年4月18日(返上)

空位
次タイトル獲得者
グライコ・フランサ