阿部寿樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
阿部 寿樹
中日ドラゴンズ #5
T.Abe.jpg
2019年3月17日、ナゴヤ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県一関市
生年月日 (1989-12-03) 1989年12月3日(31歳)
身長
体重
185 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 2015年 ドラフト5位
初出場 2016年8月11日
年俸 4,500万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

阿部 寿樹(あべ としき、1989年12月3日 - )は、岩手県一関市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校から軟式野球を始め、中学校は軟式野球部に所属した。

岩手県立一関第一高等学校では、県大会優勝、東北大会優勝が最高で、甲子園出場はなかった。

明治大学では、1年春からベンチ入りし、3年春に三塁手のレギュラーを獲得。4年秋には15年ぶりのリーグ優勝に貢献した。リーグ通算64試合に出場、198打数52安打、打率.263、0本塁打、14打点を記録。

Hondaに就職し、車体に配線をはめ込む仕事をした[2]。Hondaでも野球を続け、2年目には日本選手権に出場。

2015年10月22日に行われたドラフト会議にて、中日ドラゴンズから5位指名を受け、11月26日に契約金5,000万円、年俸1,000万円で仮契約を結んだ[3]。2015年に引退した和田一浩の背番号5を継承した。

中日時代[編集]

2016年中盤に一軍初出場した。この年は打率1割台に終わるも、9月14日の対読売ジャイアンツ戦ではスコット・マシソンからプロ初本塁打を記録している。

2017年は21試合に出場した。

2018年は18試合の出場に留まり、秋季キャンプでは外野手の練習にも取り組んだ[4]

2019年は開幕を一軍で迎え、開幕戦では二塁手として先発出場した。4月5日の対東京ヤクルトスワローズ戦では1年目以来となるプロ2本目の本塁打を記録した[5]。シーズン途中から二塁手に定着して初の規定打席に到達し、リーグ10位の打率.291の成績を残した。

2020年は前年に引き続き二塁のレギュラーとしてシーズンを過ごし、10月12日の巨人戦では桜井俊貴から10号2ランを放ちプロ入り後初となるシーズン2桁本塁打を記録した[6]。最終的にダヤン・ビシエドに次ぐチーム内2位となる13本塁打および61打点を記録し、ポイントゲッターとして活躍した一方で、両リーグ最多となる21併殺打を記録するなど荒さも目立った。

選手としての特徴[編集]

遠投110mの強肩で、俊敏な動きの高い守備力が武器[7]。打撃では、広角に打ち分ける技術とパンチ力を誇る[8][9]

人物[編集]

愛称は「マスター」。2019年に伊東勤ヘッドコーチから「バーのマスターのような風貌」という理由で付けられ、その後の阿部本人の活躍も相まって定着した[10]

実家は稲作農家である[11]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 中日 25 53 49 2 9 1 0 1 13 4 1 1 1 1 2 0 0 10 2 .184 .212 .265 .477
2017 21 46 41 3 11 1 0 0 12 2 1 0 1 0 4 0 0 13 0 .268 .333 .293 .626
2018 18 26 23 1 5 3 0 0 8 4 0 0 0 0 3 0 0 3 1 .217 .308 .348 .656
2019 129 484 447 51 130 24 3 7 181 59 1 0 3 2 31 3 1 82 9 .291 .337 .405 .742
2020 115 459 421 44 108 25 0 13 172 61 2 4 5 2 30 0 1 92 21 .257 .306 .409 .715
NPB:5年 308 1068 981 101 263 54 3 21 386 130 5 5 10 5 70 3 2 200 33 .268 .317 .393 .710
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2016 中日 - 10 9 19 1 3 .966 2 1 9 1 2 .909 13 13 27 2 4 .952
2017 6 9 1 0 1 1.000 8 17 16 1 6 .971 3 4 4 0 0 1.000 -
2018 2 3 0 0 0 1.000 7 11 13 2 4 .923 - -
2019 12 34 1 0 5 1.000 117 242 306 3 66 .995 1 0 0 0 0 .--- -
2020 - 114 238 305 5 72 .991 - -
通算 20 46 2 0 6 1.000 256 517 659 12 151 .990 6 5 13 1 2 .947 13 13 27 2 4 .952
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 5 (2016年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2020年12月12日閲覧。
  2. ^ 中日ドラ5阿部が仮契約 コツコツ精神で正遊撃手だ日刊スポーツ 2015年11月27日配信
  3. ^ 中日、5位指名のホンダ・阿部と仮契約スポニチアネックス 2015年11月26日配信
  4. ^ 中日阿部50万円減も納得、ドラ1根尾加入に悲愴感日刊スポーツ 2018年11月25日掲載
  5. ^ 中日・阿部 933日ぶり一発!1年目以来のプロ通算2本目スポニチアネックス 2019年4月5日掲載
  6. ^ “【中日】阿部寿樹が5年目で初の2桁本塁打となる10号2ラン「打った瞬間・・・」”. スポーツ報知. (2020年10月12日). https://hochi.news/amp/articles/20201012-OHT1T50125.html 2021年1月16日閲覧。 
  7. ^ るるぶ 中日ドラゴンズ P11
  8. ^ 阿部寿樹(一関一高-明大-Honda) - ドラフト会議特集” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2021年4月24日閲覧。
  9. ^ 阿部 寿樹(中日ドラゴンズ):プロ野球 選手名鑑【SPAIA】”. SPAIA. 2021年4月24日閲覧。
  10. ^ 中日・阿部寿樹 期待に応える“マスター”/序盤戦MVP(週刊ベースボールONLINE)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年8月15日閲覧。
  11. ^ バーのマスターから農家に転身!? 中日・阿部が「手伝ってきます」岩手の実家で稲刈りトレ” (日本語). 中日スポーツ. 2019年10月3日閲覧。

関連項目[編集]