阿部巧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿部 巧 Football pictogram.svg
名前
愛称 タクミ[1][2]
カタカナ アベ タクミ
ラテン文字 ABE Takumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-05-26) 1991年5月26日(27歳)
出身地 東京都大田区[3]
身長 166cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 SC相模原
ポジション DF / MF
背番号 24
利き足 左足[1][2]
ユース
1998-2003
2004-2006
2007-2009
徳持FC
FC東京U-15深川
FC東京U-18
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2013 FC東京 8 (0)
2010 横浜FC (loan) 16 (1)
2012 →横浜FC (loan) 39 (1)
2013 松本山雅FC 9 (0)
2014-2016 アビスパ福岡 56 (1)
2017-2018 ザスパクサツ群馬 56 (1)
2019- SC相模原
代表歴
2008  日本 U-17
2009-2010  日本 U-18/19
1. 国内リーグ戦に限る。2019年1月19日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

阿部 巧(あべ たくみ、1991年5月26日 - )は、東京都大田区出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー(左サイドバック)ミッドフィールダー(左ウイングバック)

来歴[編集]

大田区立矢口東小学校1年生(6歳)の時にサッカーを始める[1][2]。同6年次に東京U-12に選出される。その後、FC東京横浜FMのU-15チームのセレクションを受けたのち、FC東京U-15深川への入団を決める[4]2007年にFC東京U-18に昇格。それまではFWやトップ下など攻撃的な位置でプレーしていたが、U-18昇格後は倉又寿雄監督により左サイドバック(SB)へとコンバートされた。U-18での1年目からトップのサテライトリーグに抜擢され出場し、その試合後にトップチーム監督(当時)の原博実が「今日はユースの子(阿部)が一番良かったね」と述べるなど[5]、そのプレー振りが高く評価された。2009年秋、U-18の同期である重松健太郎平出涼とともに翌年からのFC東京トップチーム昇格が発表された[3]

2010年5月22日のナビスコカップ第3節新潟戦で初のベンチ入りをするも、出場機会を得ることはできず、同年7月より横浜FCへ期限付き移籍。横浜では左SBのレギュラーに定着した。岸野靖之監督からは長所として積極性と運動量、短所としてヘディングの競り方を挙げられた[6]。期限付き移籍期間満了のため、同年限りで横浜FCを退団した[7]

2011年はFC東京へ復帰。シーズン序盤は左足からのクロスを武器に[8] 左SBのレギュラーとして奮闘したが、平山相太高松大樹といった長身FWの離脱による戦術変更[9] を機に控えに追いやられた[10]

2012年、再び横浜FCへ期限付き移籍。長距離を走り抜く力を高く評価され[11]、リーグ戦での出場時間はチーム内で最長を記録した[12]

2013年、FC東京に復帰[13]太田宏介らとのポジション争いに臨むも[14] 公式戦の出場はなく、同年8月より複数受けたオファーの中から[15]松本山雅FCへ完全移籍[16][17]3バックを採用する松本では[15] 左ウイングバック(WB)として出場を続け、運動量と攻撃力でサイドを活性化させた[18]

2014年、アビスパ福岡へ完全移籍[19][20]。同年入籍[21]。チーム屈指の体力で[22] 4バック時には左SB、3バック時には左WBとしてサイドでの上下動を続けた[23]

2017年、ザスパクサツ群馬へ完全移籍[24]。2018年シーズン終了後、契約満了により退団[25]

2019年、SC相模原へ完全移籍[26]

人物[編集]

好きな食べ物は、FC東京時代にチームメイトから「唐揚げ王子」と呼ばれるほど唐揚げと、コーラが好きだったという。

ザスパクサツ群馬へ移籍後、クラブ発行のマッチデープログラム内インタビューで、ブラックコーヒーが飲めるようになったことと、タイピングの練習を始めたことを告白している。非常に子煩悩な様子がインスタグラムから見てとれる。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2010 FC東京 26 J1 0 0 0 0 - 0 0
横浜FC J2 16 1 - 1 0 17 1
2011 FC東京 8 0 - 0 0 8 0
2012 横浜FC 2 39 1 - 1 0 40 1
2013 FC東京 26 J1 0 0 0 0 - 0 0
松本 49 J2 9 0 - 2 0 11 0
2014 福岡 3 34 0 - 1 0 35 0
2015 21 1 - 2 0 23 1
2016 J1 1 0 3 0 2 0 6 0
2017 群馬 5 J2 35 0 - 1 0 36 0
2018 J3 21 1 - 2 0 23 1
2019 相模原 24 -
通算 日本 J1 1 0 3 0 2 0 6 0
日本 J2 162 3 - 8 0 170 3
日本 J3 21 1 - 2 0 23 1
総通算 184 4 3 0 12 0 199 4

その他の公式戦

タイトル[編集]

東京都選抜
FC東京U-18
FC東京
世代別日本代表

代表・選抜歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『FC東京ファンブック2010』 アサヒオリジナル、2010年、53頁。
  2. ^ a b c 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』 三栄書房、2014年、243頁。
  3. ^ a b c d e f g h 阿部巧選手(FC東京U-18) 来季新加入内定のお知らせ - ウェイバックマシン(2011年1月15日アーカイブ分) FC東京 (2009年9月17日)
  4. ^ ユース選手紹介 (2009年) 東京中日スポーツ
  5. ^ 週刊サッカーマガジン 2009年11月24日号 48頁
  6. ^ 【J2:第18節 横浜FC vs 柏】岸野靖之監督(横浜FC)記者会見コメント J's GOAL (2010年7月17日)
  7. ^ DF阿部巧選手期限付き移籍期間満了のお知らせ 横浜FCオフィシャルサイト (2010年12月8日)
  8. ^ 初先発、初味スタの阿部が躍動 決勝点の起点に 東京中日スポーツ (2011.03.06)
  9. ^ 【J2:第13節 FC東京 vs 湘南】プレビュー J's GOAL (2011.05.22)
  10. ^ 選手出場記録 FC東京 2011Jリーグ ディビジョン2 Jリーグ (2011年12月3日)
  11. ^ 【J2:第25節 横浜FC vs 鳥取】山口素弘監督(横浜FC)記者会見コメント J's GOAL (2012年7月22日)
  12. ^ 選手出場記録 横浜FC 2012Jリーグ ディビジョン2 Jリーグ (2012年11月11日)
  13. ^ 阿部巧選手 FC東京復帰のお知らせ FC東京 (2013年1月17日)
  14. ^ 阿部が横浜FCから復帰 東京中日スポーツ (2013年1月18日)
  15. ^ a b 阿部巧、FC東京との別れは「難しい選択だった」 blogola (2013年8月9日)
  16. ^ a b c d 阿部巧選手 松本山雅FCへ完全移籍のお知らせ FC東京 (2013年8月4日)
  17. ^ 阿部巧選手 FC東京より完全移籍加入のお知らせ 松本山雅FC (2013年8月4日)
  18. ^ 月刊J2マガジン 2014年2月号』 ベースボール・マガジン社、2014年、35頁。
  19. ^ 阿部巧選手 アビスパ福岡へ完全移籍のお知らせ 松本山雅FC (2014年1月3日)
  20. ^ 阿部 巧 選手 松本山雅FCより完全移籍加入のお知らせ アビスパ福岡 (2014年1月3日)
  21. ^ 阿部巧 選手 入籍のお知らせ アビスパ福岡 (2014年4月3日)
  22. ^ 福岡 チーム屈指のタフネス、阿部巧「毎試合がセレクションだから」 blogola (2014年5月4日)
  23. ^ 福岡 FC東京下部組織出身の阿部巧は、緑への対抗心を強く燃やす blogola (2014年6月11日)
  24. ^ 【トップチーム】阿部 巧選手 アビスパ福岡より完全移籍加入のお知らせ ザスパクサツ群馬(2017年1月6日)
  25. ^ 【トップチーム】契約満了選手のお知らせ ザスパクサツ群馬(2018年12月7日)
  26. ^ 阿部巧選手 ザスパクサツ群馬より完全移籍加入のお知らせ SC相模原(2019年1月18日)
  27. ^ AFCが五輪最終予選の予備登録メンバーを公表、宇佐美や宮市ら海外組5人の名も ゲキサカ (2011年11月26日)

関連項目[編集]