阿部正実 (旗本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
阿部 正実
時代 江戸時代中期
生誕 享保13年(1728年
死没 安永2年5月11日1773年6月30日
別名 善蔵、伊織(通称)、日相(法名)
幕府 江戸幕府 書院番
父母 父:澁谷良信、養父:阿部正甫
兄弟 澁谷良豊、澁谷良紀、阿部正実、澁谷良恭、澁谷良隣
阿部正甫の娘
実子:娘(設楽貞廣の妻、貞廣の死後小出英敦と再婚)、正教、娘、八十五郎、娘(正恭の養女、阿部正包の妻)
養子:正恭

阿部 正実(あべ まさざね)は、江戸時代中期の旗本

享保13年(1728年)、澁谷良信の三男として生まれる。寛延2年(1749年)8月28日、将軍徳川家重にはじめて御目見する。2000石を知行する旗本阿部正甫の養嗣子となり、宝暦4年(1754年)10月4日に家督を継いだ。宝暦13年(1763年)7月18日、書院番に列する。安永2年(1773年)5月11日、死去。享年46。

家督は養父の三男にあたる正恭が継いだ。

参考文献[編集]