阿部正能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿部 正能(あべ まさよし、寛永4年(1627年) - 貞享2年4月13日1685年5月15日))は、江戸時代前期の老中上総国大多喜藩主、武蔵国忍藩主。忠秋系阿部家2代。官位は従四位下、播磨守。

生涯[編集]

武蔵国岩槻藩主・阿部正次の長男・阿部政澄の長男。母は加藤清正の娘・本淨院。同族(従叔父)である阿部忠秋の養子となる。従四位下、播磨守を称する。名前ははじめ正令、後に正能と改めた。正室は牧野信成の娘。子に阿部正武(長男)、阿部正明(次男)、阿部正房(三男)、阿部正員(四男)、娘(松井松平康宦正室)。

承応元年(1652年)、忠秋の養子となる。寛文11年(1671年)、忠秋の隠居により藩主に就任。延宝元年(1673年)に老中となったが、同4年(1676年)辞任。翌5年(1677年)隠居し、長男の正武に家督を譲った。貞享2年(1685年)死去した。

忠秋は、家督を譲るにあたって自筆の覚書を記し、藩主としての心得および将軍家への奉公を説いている。

略歴[編集]

  • 寛永15年(1638年)4月、祖父・正次から1万石を分与されて大多喜藩主となる。
  • 慶安5年(1652年)6月25日、老中・阿部忠秋(父の従弟)の養子となる。(9月18日承応と改元)
  • 寛文11年(1671年)5月25日、家を継ぐ。
  • 延宝元年(1673年)12月23日、老中となる。
  • 延宝4年(1676年)10月6日、老中職を辞す。