阿部治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿部 治(あべ おさむ、1955年7月25日- )は、日本の環境教育学者、ESD(持続可能な開発のための教育)研究者。立教大学教授。

来歴[編集]

  • 新潟県生まれ。
  • 1979年 - 東京農工大学農学部環境保護学科卒
  • 1982年 - 筑波大学大学院環境科学研究科環境科学専攻修士課程修了
  • その後、国立特殊教育総合研究所文部教官研究員、筑波大学文部技官
  • 1986年 - 筑波大学専任講師
  • 1988年 - 埼玉大学教育学部助教授
  • 2002年 - 立教大学社会学部異文化コミュニケーション研究科教授
  • 2007年 - 立教大学にESD研究センターを設立。同センター長。

著書[編集]

  • 『ゆたかなくらしとは? くらしよい環境』岩崎書店 学習に役立つ日本の環境 1995
  • 『話して面白い環境学』 学研 2000
  • 『Regional Strategy on Environmental Education in the Asia-Pacific』 Institute for Global Environmental Strategies 2000
  • 『原発事故を子どもたちにどう伝えるか―ESDを通じた学び―』合同出版 2015

共編著[編集]

  • 『子どもと環境教育』責任編集 東海大学出版会 環境教育シリーズ 1993
  • 『ふくれあがる大都市 都市問題』市川智史共著 岩崎書店 学習に役立つ日本の環境 1995
  • 『次世代CSRとESD 企業のためのサステナビリティ教育』川嶋直共編著 立教大学ESD研究センター監修 ぎょうせい 2011
  • 『ESD拠点としての自然学校 持続可能な社会づくりに果たす自然学校の役割』川嶋直共編著 立教大学ESD研究センター監修 みくに出版 2012
  • 『アジア・太平洋地域のESD 〈持続可能な開発のための教育〉の新展開』立教大学ESD研究センター監修 田中治彦共編著 明石書店 2012
  • 『持続可能な開発のための教育ESD入門』佐藤真久共編著 朝岡幸彦共監修 筑波書房 持続可能な社会のための環境教育シリーズ 2012

翻訳[編集]

  • デイヴィッド・E.アレン『ナチュラリストの誕生 イギリス博物学の社会史』平凡社 1990
  • 『持続可能な未来のための学習 ユネスコ野田研一,鳥飼玖美子共監訳 立教大学出版会 2005

参考[編集]