阿部真大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿部 真大
(あべ まさひろ)
人物情報
全名 阿部 真大(あべ まさひろ)
生誕 (1976-10-25) 1976年10月25日(42歳)
日本の旗 日本岐阜県岐阜市
学問
時代 20世紀
21世紀
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 労働社会学
家族社会学
社会調査
研究機関 東京大学
甲南大学
学位 修士(社会学)東京大学
主要な作品 『搾取される若者たち - バイク便ライダーは見た!』
『居場所の社会学 生きづらさを超えて』
テンプレートを表示

阿部 真大(あべ まさひろ、1976年10月25日[1] - )は、日本の社会学者。専門は労働社会学、家族社会学社会調査論。甲南大学文学部教授神戸市東灘区在住。

来歴[編集]

岐阜県岐阜市生まれ。1995年岐阜県立岐阜高等学校卒業。東京大学文学部行動文化学科社会学専攻卒業、同大学院人文社会系研究科博士課程を単位取得満期退学。甲南大学文学部専任講師を経て現在、同教授。専攻は労働社会学・家族社会学・福祉社会論。

大学院を休学してバイク便ライダーとして働いた経験をもち、2006年に刊行された『搾取される若者たち - バイク便ライダーは見た!』にまとめている。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『搾取される若者たち - バイク便ライダーは見た!』(集英社新書、2006年)
  • 『働きすぎる若者たち - 「自分探し」の果てに』(日本放送出版協会、2007年)
  • 『ハタチの原点 - 仕事、恋愛、家族のこれから』(筑摩zero双書、2009年)
  • 『世界はロックでできている』(講談社BOX、2009年)
  • 『居場所の社会学 生きづらさを超えて』(日本経済新聞出版社、2011年)
  • 『地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会』(朝日新書、2013年)
  • 『「破格」の人 半歩出る働き方』角川SSC新書、2014 

共編著[編集]

  • 『合コンの社会学』(北村文との共著、光文社新書、2007年)

翻訳[編集]

  • ジョン・フィッツジェラルド『キャリアラダーとは何か アメリカにおける地域と企業の戦略転換』(筒井美紀・居郷至伸共訳、勁草書房、2008年)

メディア出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.295