阿部秋生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿部 秋生(あべ あきお、1910年10月24日 - 1999年5月24日)は、日本の国文学者、中古文学専攻、東京大学名誉教授。妻は文学博士阿部俊子

略歴[編集]

秋田県秋田市生まれ。旧姓青柳。樺太で育つ。第一高等学校東京帝国大学国文科卒、同大学院を1937年に退学、国民精神文化研究所助手を務める。

1943年、一高教授、1950年、東京大学教養学部助教授、1959年、教授。『源氏物語研究序説』で同年、文学博士号取得。1966年、教養学部長。1967年、同学部アメリカ研究資料センター長。1971年、定年退官、名誉教授となる。

実践女子大学教授、1974年、同大学文学部長、1983年、勲二等瑞宝章受章。1986年、大学定年退職、実践女子大名誉教授、1988年、日本学士院会員となる。

著書[編集]

  • 古事記伝略開題 国民精神文化研究所、1938
  • 河村秀根 三省堂、1942
  • 吉見幸和 春陽堂、1944
  • 紫式部日記全釈 紫乃故郷舎、1949
  • 新制大学入試国語の傾向と対策 昭和25年度版 旺文社、1949
  • 日本文学史書目解説 山紫書房、1950
  • 日本文学史の作品解説 明治書院、1957
  • 源氏物語研究序説 東京大学出版会、1959
  • 国文学概説 東京大学出版会、1959
  • 中古日本文学概説 秀英出版、1961
  • 日本文学史 中古篇 塙書房、1966
  • 源氏物語の物語論 作り話と史実 岩波書店、1985
  • 源氏物語の本文 岩波書店、1986
  • 光源氏論 発心と出家 東京大学出版会、1989
  • 「源氏物語」入門 岩波書店(岩波セミナーブックス)、1992
  • 日本古典文学全集 源氏物語』の訳(小学館)、1970-76