阿部邦一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

阿部 邦一(あべ くにいち、1889年12月5日 - 1988年3月14日)は、日本内務官僚政治家弁護士徳島県知事を務めた。

経歴[編集]

1889年麻植郡鴨島町に生まれる。旧制徳島中学校を経て東京帝国大学 法学部卒業。

戦前においては、内務省土木局道路課長[1]愛知県内務部長、三重県書記官・総務部長[2]などをつとめ、戦後は 1951年、公選第二代目の徳島県知事に就任する(在任期間1951年 - 1955年)。高度経済成長期の産業構造を見通した県政運営を行った。

業績[編集]

長安口ダム及び日野谷発電所の建設

那賀川特定地域総合開発計画による諸事業の中核となるものである。知事を退任して2年後、長安口ダムと日野谷発電所は相次いで完成し、那賀川下流の電源開発がなされ、産業の基盤となった。

国内初のフェリーボートの就航

鳴門淡路島の福良を渡る国内初のフェリーボートを就航させた。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2932号、昭和11年10月8日。
  2. ^ 『官報』第3977号、昭和15年4月11日。

参考文献[編集]