阿部静枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿部静枝

阿部 静枝(あべ しずえ、1899年2月28日 - 1974年8月31日)は、日本歌人評論家

宮城県出身。旧姓は二木。本名は志つえ。東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)卒。在学中、尾上柴舟に師事し、1921年歌誌『水甕』入社。1922年『ポトナム』創刊に参加。仙台高等女学校教諭ののち上京、弁護士で後に社会民衆党代議士となる阿部温知と結婚する。1927年赤松常子、赤松明子らとともに社会民衆婦人同盟を結成、婦人参政権運動に参加する。1938年に夫と死別。戦後は女人短歌会創立に加わったほか、民社党豊島区議会議員を3期務めた[1]。随筆・評論家としても活動。弟子に内野光子がいる。

著書[編集]

  • 『秋草』ポトナム叢書 1926
  • 『亭主教育・女の問題』大隣社 1939
  • 『寡婦哀楽』時代社 1941
  • 『女性教養』日本短歌社 1941
  • 『結婚の幸福』宮越太陽堂 1942
  • 『若き女性の倫理』万里閣 1942
  • 『愛の新書』婦女界社 1943
  • 『女の残置灯』昭和刊行会 1943
  • 『苦しめど克ちてゆかん』万里閣 1943
  • 『愛される女性』新紀元社 1947
  • 『愛と孤独 随筆』太平社 1947
  • 『霜の道 歌集』女人短歌会 1950 女人短歌叢書
  • 『愛と友情』社会教育協会 青年シリーズ 1953
  • 『結婚をかちとるために』高風館 1956
  • 『冬季 阿部静枝歌集』山光書房 1956
  • 『ズバリ答える人生相談 身近な法律と職業ガイド』海南書房 1965
  • 『地中 歌集』短歌研究社 1968
  • 『阿部静枝歌集』短歌研究社 短歌研究文庫 1974

参考[編集]

脚注[編集]