阿部龍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

阿部 龍一(あべ りゅういち、1954年 - )はハーバード大学のReischauer Instituteの日本宗教の教授である。 2004年5月までは、 コロンビア大学の宗教および東アジアの言語と文化の部門で日本の宗教の教授だった。

阿部教授は、彼の教えと本を通して、 日本における仏教の西洋の理解に重要な貢献をした。 彼の著書 『 空海 の製織:空海と密教説教の構築[1] 、9世紀の日本社会に対する空海の影響を強調している。 儒教の談話が日本を支配していた時に、空海は仏教のための「声」を開発した。 また、 旅館西長についても書いている。

慶應義塾大学で経済学の学士号を取得し、 ジョンズホプキンス大学の国際問題学部で修士号を取得した 。 その後コロンビア大学で宗教学の修士号および博士号を取得した。 1991年に彼はコロンビアで教え始め、そして1998年に花王准教授となった。 [2] 彼は、著名な教育でPhilip and Ruth Hettleman賞を受賞している。 [3]

[編集]

  • マントラの織り方 :空海と難解な仏教言説の構築 1999年
  • 愚か者:禅マスター旅館:詩、手紙、その他の著作 1996年
  • 西長と空海:解釈の衝突 日本宗教研究ジャーナル。 1995年春、22 / 1–2

参考文献[編集]

  1. ^ Abe, Ryūichi (2013). The Weaving of Mantra: Kūkai and the Construction of Esoteric Buddhist Discourse. Columbia University Press. ISBN 978-0-231-52887-0. https://books.google.com/books?id=0ExNmHIACskC. 
  2. ^ http://rijs.fas.harvard.edu/people/faculty/r_abe.php
  3. ^ Abe, Ryūichi (13 August 2013). The Weaving of Mantra: Kūkai and the Construction of Esoteric Buddhist Discourse. Columbia University Press. ISBN 978-0-231-52887-0. https://books.google.com/books?id=0ExNmHIACskC. . Back of book material.