阿野実廉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
阿野実廉
時代 鎌倉時代末期 - 建武新政
生誕 正応元年(1288年
死没 不詳
官位 従三位非参議
主君 後醍醐天皇
氏族 藤原北家閑院流滋野井庶流、阿野家
父母 父:阿野公廉
兄弟 実廉廉子、季継、妙僧
テンプレートを表示

阿野 実廉(あの さねかど)は、鎌倉時代末期から建武新政期にかけての公卿右中将阿野公廉の子。後醍醐天皇の寵妃・阿野廉子(新待賢門院)の兄に当たるが、この縁によって、廉子を中心とする「隠岐閥」の要人となった。

経歴[編集]

元亨3年(1323年)以前から鎌倉にあり、右中将として将軍守邦親王に仕える。嘉暦3年(1328年)3月従三位に上階して公卿の列に加わり、元徳元年(1329年)12月右兵衛督、同2年(1330年)7月宮内卿に進んだ。この間、引き続き鎌倉に留まって、元弘元年/元徳3年(1331年)11月光厳天皇践祚の際に解官されたらしい。

元弘3年/正慶2年(1333年)5月北条高時の討手から危うく逃れた後、鎌倉に攻め入った新田義貞の軍に加わって軍忠を遂げ、幕府滅亡後は京都に戻ったものの、12月廉子所生の成良親王に供奉して再度鎌倉へ下向する。建武元年(1334年)3月北条氏余党の本間渋谷両氏が叛逆した際には親王を警固し、同2年(1335年)7月中先代の乱が起こると、親王を護って翌月に三河矢作宿(愛知県岡崎市)まで落ち延び、延元元年/建武3年(1336年)正月の山崎合戦に参陣していたことなどが、同年2月の実廉申状断簡(『竹内文平氏所蔵文書』所収「昭慶門院御領目録」紙背文書)によって知られる。同年10月に49歳で出家したが、その後の消息は明らかでない。

なお、佐藤進一によれば、元弘3年8月25日後醍醐天皇綸旨写(『蠧簡集』所収)の宛所である土佐国司「前右兵衛督殿」は実廉に比定されるという。

参考文献[編集]

  • 佐藤進一 『日本の歴史9 南北朝の動乱』 中央公論社〈中公バックス〉、1971年
  • 神奈川県企画調査部県史編集室編 『神奈川県史 資料編3』 神奈川県、1975年

関連項目[編集]