阿野実為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
阿野実為
時代 南北朝時代
生誕 不詳
死没 応永6年(1399年)頃
改名 実為→匡円(法名)
官位 従一位内大臣南朝
主君 後村上天皇長慶天皇後亀山天皇
氏族 阿野家
父母 父:阿野季継
兄弟 実村?、実為
公為、女子[1]
テンプレートを表示

阿野 実為(あの さねため)は、南北朝時代公卿権大納言・阿野季継の子[2]官位従一位内大臣南朝)。祖父・阿野公廉の女・廉子(新待賢門院)が後醍醐天皇の寵妃であった関係から、阿野家は代々南朝方公卿として活躍した。

経歴[編集]

具体的な官歴は不明だが、正平6年/観応2年(1351年)頃には右近衛少将、正平13年/延文3年(1358年)5月には「蔵人頭左中弁兼右近衛権中将」[3]であるから、間もなく参議として公卿に列したのであろう。正平20年/貞治4年(1365年)には権中納言天授元年/永和元年(1375年)には権大納言として見えるが、天授3年/永和3年(1377年)7月以前に大納言に転じ、弘和元年/永徳元年(1381年)には前大納言である。

その後、後亀山天皇の信任を得て内大臣に昇り、元中6年/康応元年(1389年)6月には既に散位であった[4]。元中9年/明徳3年(1392年)の南北朝合一に際しては、吉田宗房と共に対幕府交渉に臨み、閏10月に天皇に供奉して吉野から入洛した。合一後は落飾して匡円と号し、嵯峨大覚寺に入った後亀山上皇(法皇)に近仕しているが、応永5年(1398年)から同7年(1400年)の間に薨去したとみられる。

南朝歌壇においては、正平8年(1353年)の『内裏千首』の他、『内裏三百六十首歌』・『五百番歌合』などに詠進し、また、嘉喜門院の要請を受けてその家集(『嘉喜門院集』[5])を清書した。『新葉和歌集』には11首が入集する。

脚注[編集]

  1. ^ 吹上本『帝王系図』の巻末付紙によれば、後亀山天皇の生母は実為の女である。村田正志は、この女が嘉喜門院と同一人ではないかと憶測している。
  2. ^ 公卿補任』永徳2年(壬戌)非参議従三位「藤公為」袖書による。『尊卑分脈』『阿野家譜』に「季継―実村―実為」とつなげるのは誤りであろう。
  3. ^ 『佐田文書』正平13年5月29日付後村上天皇口宣案
  4. ^ 『観心寺文書』元中6年6月18日付阿野実為御教書に「阿野前内大臣殿」として見える。同文書によれば、実為は当時新宣陽門院別当を務めていたか。
  5. ^ 同集は巻首の袖書に実為の詠歌が記されているため、かつては誤って『実為集(実為大納言集とも)』と題されていた経緯がある。