限界団地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

限界団地(げんかいだんち)とは、住民の半数以上が高齢者であり、高齢化が進んだ団地である。

高度経済成長期に建築され、そこに入居した親世帯の子供が独立して両親、もしくは片親が残り、一方で新たな入居者がいないことがおもな原因で、高齢化や孤立化のほか、建物の老朽化や空室の増加などといった問題が生じている[1]

一例として、大阪府において限界団地となっている団地の特徴としては、高度経済成長期に建てられた府営住宅であり、エレベーターのない5階建てや、エレベーターが2・3階ごとにしか止まらない2DKの高層住宅で、建っている地域電車から遠く、買い物に不便で、医療介護の施設が乏しい[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デジタル大辞泉限界団地』 - コトバンク。2016年3月9日閲覧。
  2. ^ 石田易司, 小柳敬明, 川井太加子「限界集落に暮らす人々の医療・介護といきがい 限界集落の高齢者のいきがいと介護 (PDF) 」 『桃山学院大学総合研究所紀要』第39巻第1号、桃山学院大学、2013年8月、 91-137頁、 ISSN 1346-048XNAID 110009893249