陳一鳴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

陳 一鳴(ちん いちめい、簡体字:陈 一鸣、1992年11月8日 - )は、中国囲碁棋士広東省出身、中国囲棋協会に所属、三段。閬中古城杯女子名人戦優勝など。

経歴[編集]

広州市に生まれる。5歳からピアノを習い、7歳から囲碁を学んだが、囲碁の道を選び、2004年に母親とともに北京に出て清風囲棋少年隊で学び、その後劉菁の弟子となる[1]。2009年初段。同年第1回全国智力運動会女子団体戦で広東チームで優勝、アマ女子個人戦準優勝、全国囲棋個人戦4位。2011年智力運動会プロ女子個人快棋戦準優勝、穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権ベスト8。黄龍士佳源杯女子名人戦準優勝。2013年建橋杯女子囲棋公開戦ベスト4、建橋杯中国囲棋新人王戦ベスト16。2014年建橋杯戦準優勝。

2019年に閬中古城杯女子名人戦決勝で王爽を2-0で破り、初タイトル獲得。

女子甲級リーグでは2013年から広東チームで出場。中国棋士ランキングでは2014年138位。

主な棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

[編集]

参考文献[編集]

  • 『2012囲棋年鑑』中国囲棋協会 2012年