陳俊秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
陳 俊秀
Chen Chun-Hsiu
楽天モンキーズ #29
Chun-Hsiu Chen.jpg
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 花蓮県玉里鎮
生年月日 (1988-11-01) 1988年11月1日(32歳)
身長
体重
183 cm
97 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 2007年 アマチュアFA
初出場 CPBL / 2014年7月30日
年俸 月給72万台湾元(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ代表
プレミア12 2015年2019年
陳 俊秀
各種表記
繁体字 陳 俊秀
簡体字 陈 俊秀
拼音 Chén Jùnxiù
注音符号 ㄔㄣˊㄐㄩㄣˋㄒㄧㄡˋ
和名表記: ちん しゅんしゅう
発音転記: チェン・ジュンショー
英語名 Chen Chun-Hsiu
テンプレートを表示

陳 俊秀(チェン・ジュンショー、1988年11月1日 - )は、台湾中華民国)の花蓮県出身のプロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

2007年クリーブランド・インディアンスとマイナー契約。もともとは投手だったが捕手に転向する。

2010年には自国で開催されたIBAFインターコンチネンタルカップと広州アジア競技大会チャイニーズタイペイ代表として出場。

2011年にAA級アクロン・エアロズに昇格し、113試合の出場で打率.262、リーグ11位の16本塁打、OPS.782の成績を残す。

2012年はアクロンで108試合に出場し、この年から主に一塁手として起用される。

2013年5月にAAA級コロンバス・クリッパーズに初昇格するが94試合の出場で打率.223、9本塁打、OPS.651の成績に終わる。

オフの11月には、台湾で開催された「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」のチャイニーズタイペイ代表に選出された[1]

2014年に自由契約となり、独立リーグ・アメリカン・アソシエーションのウィチタ・ウィングナッツで6試合プレーした後、この年から発足した台湾のポップコーン・リーグでプレー。6月に中華職業棒球大聯盟全球団からドラフト1位指名を受け、Lamigoモンキーズに入団。

2015年9月30日に、2015 WBSCプレミア12 チャイニーズタイペイ代表に選出された事が発表された[2]

2016年開幕前の1月29日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」のチャイニーズタイペイ代表27名に選出されたことが発表された[3]3月3日に怪我のため辞退したことが発表された[4]

2017年台湾シリーズで7打席連続安打をマークするなど打率.714、4打点を記録した[5]

2019年はシーズンオフに2019 WBSCプレミア12 チャイニーズタイペイ代表に選出された[6]。同大会の韓国戦では7回表に駄目押しとなる3ランホームランを放った[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 Lamigo
楽天
26 98 85 10 21 5 0 2 32 8 1 0 0 0 11 0 2 17 4 .247 .347 .376 .723
2015 113 475 418 78 140 31 0 25 246 118 11 4 1 6 47 0 3 65 11 .335 .401 .589 .990
2016 99 423 361 76 106 20 0 26 204 100 21 7 0 6 55 1 0 57 12 .294 .382 .565 .947
2017 106 417 355 74 114 26 3 16 194 78 15 2 0 9 51 1 1 78 14 .321 .399 .546 .945
2018 104 443 387 78 145 31 3 17 233 77 5 4 3 5 39 6 3 74 13 .375 .431 .602 1.033
2019 103 435 381 87 145 21 2 22 236 89 2 1 1 1 46 4 2 59 8 .381 .449 .619 1.068
2020 97 388 341 58 106 16 1 12 160 54 3 2 2 4 39 0 2 79 7 .311 .381 .469 .850
通算:7年 648 2679 2328 461 777 150 9 120 1305 524 58 20 7 31 288 12 13 429 69 .334 .405 .561 .966
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

CPBL

表彰[編集]

CPBL

記録[編集]

CPBL

背番号[編集]

  • 29 (2014年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ チャイニーズ・タイペイ 選手一覧 野球日本代表 侍ジャパン公式サイト 2015年3月29日閲覧
  2. ^ 2015第一屆世界12強棒球錦標賽 中華隊28人名單正式公布 中華民國棒球協會官方網站 (中国語) (2015年9月30日) 2015年10月9日閲覧
  3. ^ 中職日職對抗賽 代表隊參賽名單出爐 中華職棒大聯盟全球資訊網The Official Site of CPBL (中国語) (2016年1月29日) 2016年2月17日閲覧
  4. ^ 侍ジャパン強化試合 出場選手変更のお知らせ野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト
  5. ^ 【CPBL情報】「チームの一員だと実感した」陳俊秀。打率7割が最高の誕生日プレゼント | Baseball Times-ベースボール・タイムズ”. baseballtimes.jp. 2020年10月25日閲覧。
  6. ^ 12強棒球賽中華隊28人名單 大黑馬高宇杰岳東華入列[影 | 運動 | 重點新聞 | 中央社 CNA]” (中国語). www.cna.com.tw. 2019年10月1日閲覧。
  7. ^ 台湾、韓国に完封勝ち 東京五輪出場に望み=プレミア12 | 芸能スポーツ | 中央社フォーカス台湾”. japan.cna.com.tw. 2019年11月12日閲覧。