陳到

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陳到
蜀漢
亭侯・征西将軍・永安都督
出生 不詳
豫州汝南郡
死去 不詳
拼音 Chén Dào
叔至
主君 劉備劉禅

陳 到(ちん とう、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代にかけての蜀漢の武将。叔至豫州汝南郡の人。

概要[編集]

劉備が豫州刺史を務めていた頃からの家臣で、名声・官位ともに趙雲に次いだため忠節勇武な武将として称えられた。

223年、劉備の死後に永安都督征西将軍の官位に昇り、亭侯に封じられた。226年李厳が永安から江州に陣営を移動させたが、陳到は引き続き永安に駐留し、守備を継続している[1]

三国志』での明確な記述は以上である。蜀では史官をおいていなかったため記録が散逸しており、陳寿が『蜀書(三国志)』を編纂する際に使えた資料はかなり少なかった。蜀の名臣を讃える楊戯の『季漢輔臣賛』では、陳到の「忠誠」を評価している。また、趙雲共々「選り抜きの兵を指揮して、勲功をあげた猛将」と賞賛されている。

小説『三国志演義』には登場しない。

脚注[編集]

  1. ^ 華陽国志』では、亭侯になったのはこの時となっている。

参考文献[編集]

正史 三国志 5 蜀書」(陳寿 著、裴松之 注、井波律子 訳)ちくま学芸文庫 ISBN 4-480-08045-7