陳復昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陳復昌
各種表記
ハングル 진복창
漢字 陳復昌
発音 チン・ボクチャン
日本語読み: ちん・ふくしょう
テンプレートを表示

陳 復昌(ちん ふくしょう、? - 1563年)は、朝鮮時代中期の文人・政治家。本貫驪陽陳氏は遂初、は洋谷。

京畿道豊徳の人。陳有蕃の曾孫で、陳錫卿の孫。父は県監・陳義孫。裕福な家で生まれて育った復昌は、幼いころから明晰な頭脳と優れた文章の才能を発揮し、家門の自慢となった。1535年、別試文科の甲科で首席を取り、驪陽陳氏史上最初の状元及第の人物となった。及第以後、正字・典籍などの中央官職を歴任し、外職である富平府使に就いた。明宗が即位した1545年、再び中央官職である正四品・司憲府掌令に任じられ、政界に復帰した。