陳振先

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
陳振先
Chen Zhenxian.jpg
Who's Who in China Suppl. to 4th ed. (1933)
プロフィール
出生: 1876年1月12日
光緒元年12月16日)
死去: 1938年民国27年)2月23日
中華民国の旗 中華民国(国民政府)湖北省武昌市金水農場
出身地: 清の旗 広東省広州府南海県仏山分府
職業: 政治家・経済学者
各種表記
繁体字 陳振先
簡体字 陈振先
拼音 Chén Zhènxiān
和名表記: ちん しんせん
発音転記: チェン ヂェンシェン
ラテン字 Ch'en Chen-hsien
テンプレートを表示

陳 振先(ちん しんせん)は清末中華民国の政治家・経済学者。北京政府の要人。鐸士。本籍は広東省広州府新会県

事跡[編集]

清末は駐米公使館書記官をつとめる。1907年光緒33年)、カリフォルニア大学を卒業した。帰国後は、廷試を受け、農科進士となる。1909年宣統元年)、翰林院編修となる。後に奉天省農事試験場監督などを歴任し、また、考察憲政大臣の随員もつとめた。

中華民国成立後の1912年民国元年)5月、北京政府の農林部次長となる。7月には陸徴祥内閣で宋教仁の後任として農林総長に昇進した。続く趙秉鈞内閣でも留任し、翌年3月、署理教育総長も兼任している。熊希齢内閣成立後の9月、陳振先は閣僚を辞任し、総統府顧問に転じた。1918年(民国7年)、安福国会の参議員となる。1927年(民国16年)には北京税務学校の校長兼経済教授となった。

北京政府崩壊後は実業活動に従事し、また、清華大学北京大学の教授もつとめた。1935年(民国24年)、国民政府の軍事委員会委員長四川行営第2庁庁長に起用された。翌年、実業部農本局総経理に異動する。さらに湖北省武昌市金水農場場長も兼任した。

しかし1938年(民国27年)2月23日、陳振先は金水農場の農民暴動に巻き込まれ、襲撃を受けて殺害された。享年63(満62歳)。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局1995年。ISBN 7-101-01320-1。
 中華民国の旗 中華民国(北京政府)北京政府
先代:
宋教仁
農林総長
1912年7月 - 1913年9月
次代:
羅振方
先代:
劉冠雄
教育総長(署理)
1913年3月 - 5月
次代:
董鴻禕