陶公廟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陶公廟
陶公庙 大殿.JPG
陶公廟大殿。
各種表記
繁体字 陶公廟
簡体字 陶公庙
拼音 Táogōngmiào
英文 Taogong Palace
テンプレートを表示

陶公廟(とうこうびょう)は、中華人民共和国湖南省長沙県㮾梨街道にある道観道教寺院)である。陶公廟は山門、劇場、石梯、大殿と偏殿ごつの部分から構成して、敷地は11、建築面積1852平方メートル。

歴史[編集]

南北朝天監三年(504年)、地元の民衆が太尉陶侃の孫の陶淡と甥陶煊を記念して設立。唐代の『晋書・列伝六十四隱逸第』に「於長沙臨湘山中結廬居之、養一白鹿以自偶。」と記されている。清代同治年間の『長沙県志』に「陶公二真人廟、在明道都六甲㮾梨市……相伝廟建自梁天鑒中、迄今千餘年矣。清乾隆中衆姓捐資重修……亢旱水災、祈祷輒応。咸豊二年以保護危城、真人叔侄と同県李公真人倶膺封号。十一年三月礼部議奏、准予列入祀典。」と記録されている[1]

清代の同治十一年(1872年)、同治帝から「民賴恩福」の額を賜った。光緒二十一年(1895年)、「三湘霖雨」の額を湖南巡撫呉大徴が書いた[1]

1966年、毛沢東文化大革命を発動し、道観の宗教活動は中止に追い込まれた。紅衛兵により対道観などの宗教施設が徹底的に破壊された。観内のすべての文化財が消えた。1986年、長沙市人民政府は道観を長沙市重点文物保護単位に認定した。1988年は道観の戯台と山門を重修した。1990年に道観が宗教活動に回復する。1994年に大規模な再建が行われ、扁額は歴史の資料として再び書かれた。1996年、湖南省人民政府は道観を湖南省重点文物保護単位に認定した。

建築[編集]

  • 山門。山門の中門門額を掛けて「臨湘山」の額。山門の両側の対聯に云く:「山中宰相、陸地神仙。」横額「紫府」、「丹邱」。楹聯「立徳不朽、有仙則名」、「六朝遺廟、千年名山」。左側「康衢」の門の対聯に云く:「鴉林滴翠、獅嶺流丹。」右側「道岸」の門の対聯に云く:「竹林春靄、朗水波深。」
  • 戯楼。原名大観楼。「古楼」の扁額は翁同龢の揮毫である。
  • 大殿。外檐正中の『徳化无疆』の扁額は朱熹(1169年)の揮毫である。左側の額「御甾捍忠」は、民国十一年(1922年)当時の湖南省長の趙恒錫の揮毫である。右側の額「仙骨仏心」は道光二十年(1847年)は湖南布政使万貢珍が書いた。「慰滿三農」の額は湖南布政使何枢が書いた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “湖南长沙陶公庙” (中国語). 道教之音. (2015年10月13日). http://www.daoisms.org/article/sort022/info-2245.html 

参考文献[編集]

  • 房玄齢 『晋書』 中華書局、北京市、2015年11月1日。ISBN 9787101003086。
  • 劉採邦 『長沙県志』 岳麓書社、湖南省長沙市、2010年2月1日。ISBN 9787807612841。