陶試紅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

陶試紅(とうしこう)は、ピンクセラミック顔料である。

概要[編集]

別名マンガンピンクといい、英語ではマンガニーズピンク (manganese pink) と呼ばれる。Colour Index Generic NameはPigment Red 231である[1]第二次世界大戦前、陶磁器試験所(現:産業技術総合研究所)が開発したことからこの名が付いた。

酸化アルミニウムマンガンが固溶したもので、水酸化アルミニウムにリン酸水素マンガンを加え、1200℃~1300℃で焼成し、塩酸で洗い、固溶していないマンガン化合物を除去して製品とする。

素地用の顔料であり、タイル・衛生陶磁に使われる。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]