陶鶴寿丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
陶 鶴寿丸
時代 戦国時代
生誕 天文20年(1551年
死没 弘治3年4月3日1557年5月1日
主君 大内義長
氏族 多々良姓大内氏陶氏
父母 父:陶晴賢 または陶長房
兄弟 長房?、貞明?、鶴寿丸

陶 鶴寿丸(すえ つるじゅまる )は、戦国時代の人物。

生涯[編集]

天文20年(1551年)に生まれる。陶隆房(晴賢)の末子とも、その嫡男・長房の長男とも言われている(年齢的に考えれば、晴賢の息子である可能性が高い)。大内義長に近侍していたが、弘治3年(1557年)の防長経略で、義長が毛利元就に攻められて長門国長福院で自害した際、そばにいた幼児である彼も義長に殉じる形で殺された。享年7。

鶴寿丸を殺害したのは陶の家臣・野上房忠であるが、房忠も鶴寿丸殺害後に自害している。

関連項目[編集]