陸ハツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「陸馛」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

陸 馛(りく はつ、生年不詳 - 474年)は、北魏官僚本貫代郡

経歴[編集]

陸俟の長男として生まれた。若くして内都下大夫となり、文成帝に仕えた。

453年興安元年)、聊城侯の爵位を受け、散騎常侍・安南将軍・相州刺史として出向し、仮の長広公となった。陸馛の相州統治は清廉公平なことで知られた。相州の名望ある宿老10人を友人として待遇して、かれらを「十善」と称した。また諸県の豪族から100人あまりを仮子に迎えた。陸馛が散騎常侍として平城に召還されると、相州の民1000人あまりが留任を求めたが、献文帝は許さなかった。相州の官吏や民衆は離任する陸馛に布帛を贈ろうとしたが、陸馛は受け取らず、民衆も取らなかったため、これを原資に仏寺が造営され、名を長広公寺といった。後に陸馛は父の爵位を嗣いで、建安王に改封された。

466年天安元年)、司州刺史の常珍奇が懸瓠で北魏に帰順すると、陸馛は新帰の民衆の慰撫にあたり、軍によって奴婢に落とされた者を解放して、民心を安定させた。470年皇興4年)、柔然が北魏の北辺を侵し、献文帝が親征の軍を発すると、陸馛は選部尚書となり、平城の留守の事務と兵糧の輸送の監督を任された。

471年(皇興5年)、献文帝が京兆王拓跋子推に帝位を譲ろうとしたため、任城王拓跋雲や隴西王源賀らが強く諫めた。陸馛は刎頸を賭けて皇太子への継承を訴えた。献文帝も陸馛の意を認めて京兆王への譲位をあきらめ、陸馛を太保とし、帝位を孝文帝に伝えた。

474年延興4年)、陸馛は死去した。は貞王といった。

子女[編集]

6人の男子があった。

伝記資料[編集]