陸前階上駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
陸前階上駅
BRT整備後の駅舎
BRT整備後の駅舎
りくぜんはしかみ
Rikuzen-Hashikami
大谷海岸 (3.3km)
(1.7km) 最知
所在地 宮城県気仙沼市長磯原
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 気仙沼線
キロ程 61.6km(前谷地起点)
電報略号 リミ
駅構造 地上駅
乗車人員
-統計年度-
109人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1957年昭和32年)2月11日
備考 無人駅
テンプレートを表示
東日本大震災前の駅舎

陸前階上駅(りくぜんはしかみえき)は、宮城県気仙沼市長磯原(ながいそはら)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)気仙沼線である。

歴史[編集]

BRT化後のホーム(後方に鉄道ホームと跨線橋が残っている)

駅構造[編集]

震災前は島式ホーム1面2線を有する地上駅であった。気仙沼駅管理の無人駅。 BRT化と専用道の整備に伴い、当駅ホームはBRTの乗降車対応に改修された。

のりば[編集]

※震災前の鉄道運用時

番線 路線 方向 行先
1 気仙沼線 下り 気仙沼方面
2 上り 前谷地小牛田方面

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)のBRTにおける1日平均乗車人員は109人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2013年(平成25年) 67 [利用客数 2]
2014年(平成26年) 66 [利用客数 3]
2015年(平成27年) 67 [利用客数 4]
2016年(平成28年) 60 [利用客数 5]
2017年(平成29年) 64 [利用客数 6]
2018年(平成30年) 109 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

その他[編集]

1967年東映映画『喜劇急行列車』において、渥美清演じる特急さくら号の専務車掌・青木吾一が17歳で国鉄の駅員となった際に、初めて勤務したとされる駅である。駅長役は左卜全で、西村晃が気仙沼線の元蒸気機関士として登場する。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
気仙沼線
大谷海岸駅 - 陸前階上駅 - 最知駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ 気仙沼線における暫定的なサービス提供開始について”. 東日本旅客鉄道株式会社仙台支社 (2012年7月18日). 2015年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月4日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b BRT駅別乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月24日閲覧。
  2. ^ BRT駅別乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月15日閲覧。
  3. ^ BRT駅別乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月15日閲覧。
  4. ^ BRT駅別乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月15日閲覧。
  5. ^ BRT駅別乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月15日閲覧。
  6. ^ BRT駅別乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年7月10日閲覧。

関連項目[編集]