陸奥守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

陸奥守(むつのかみ)は陸奥国国司長官。その官職及び官職にある者をいう。行政・司法等、国務一切を総轄する。定員1名。従五位上相当の職。

目次

略史

古代・中世

陸奥国府は現在の宮城県多賀城市にあり、8世紀前半から国司が派遣されるようになった。当初は蝦夷対策の重責を担っていた。陸奥国は66ヶ国中、日本の北限にあたり(当時は東限と認識されていた)、出羽国と並ぶ辺境の国であると同時に、広大な領域を有する大国でもあった。陸奥国は金山や良馬に恵まれる一方で、その国司は、朝廷の支配に属さない蝦夷を帰服させ、しばしば離反を繰り返した俘囚を服属させる任務を帯びていた。後代まで服属しない蝦夷がいたため、陸奥国の領域は下北半島または津軽地方に及ばなかった。そのため、陸奥国には征夷大将軍鎮守府将軍が派遣され、平定した地域には陸奥国府と並んで鎮守府が置かれ、その長官たる鎮守府将軍は国司と同格とされた。

こうして代々の陸奥守には清和源氏や桓武平氏などの軍事貴族が任ぜられることが多く、また陸奥守が鎮守府将軍を兼ねる場合も少なくなかった。

その好例が河内源氏の棟梁 源頼義とその子、義家である。頼義は源氏始祖の経基王以来、父の代まて4代にわたり鎮守府将軍を歴任しており、蝦夷の俘囚長で奥六郡の支配者である安倍氏が国府と対立した際、これを平定するため陸奥守・鎮守府将軍として派遣され、12年の歳月を経て平定した。これを前九年の役という。

その後は、しばらく陸奥は平穏であったが、依然として東北には陸奥国に編入しきれていない蝦夷の領域があり、頼義の遠縁にあたる大和源氏源頼俊清原氏の援軍を得て、青森北端までを制圧し、陸奥国府の威光が東北一帯まで及ぶようになった。この戦いを延久蝦夷合戦という。

その後、頼義の子の義家も安倍氏の後に奥六郡の支配者となった清原氏の内紛に介入、これを鎮定し、武勲を挙げた。これを後三年の役という。

後三年の役が平定された後は奥州藤原氏が奥羽一帯の実質的な支配者となり、陸奥国司は徴税官的な側面が強くなった。奥州藤原氏三代の藤原秀衡は陸奥守・鎮守府将軍の地位を得たが、敵対心を抱いた頼朝により免官運動がなされ、程なく免官されたという。

秀衡の死後、奥州藤原氏は源頼朝に討たれ、鎌倉幕府が成立すると、陸奥守は北条氏安達氏など有力御家人が務める栄職とされた。

鎌倉幕府滅亡後は、後醍醐天皇の時代には親王任国となっていたため、後の後村上天皇となる義良親王が陸奥国府に入り(奥州将軍府)、北畠顕家が陸奥大介鎮守府大将軍を務め、奥州勢を率いて足利尊氏の勢力と大戦を繰り返した。

戦国時代には島津貴久毛利元就武田信虎などが任ぜられた。

近世

朝廷によって五位級の地下官人が陸奥守に任命されていた一方で、武家官位としての陸奥守職は伊達政宗以降、伊達家当主・仙台藩主に与えられるのが慣例となり、代々伊達氏が世襲し幕末まで続いた。

関連項目

今日は何の日(11月18日

もっと見る

「陸奥守」のQ&A