陸爽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

陸 爽(りく そう、539年 - 591年)は、北斉からにかけての学者政治家は開明。本貫魏郡臨漳県。高祖父は陸俟。曾祖父は陸騏驎。祖父は陸順宗。父は陸概之。

経歴[編集]

北斉の霍州刺史の陸概之の子として生まれた。9歳から学問をはじめ、日に二千余言を暗誦した。尚書僕射の楊愔が陸爽を見て、「陸氏の後継ぎはできた人物だ」と評した。17歳のとき、北斉の清河王高岳に召されて主簿となった。殿中侍御史に抜擢され、治書を兼ね、中書侍郎に累進した。北斉が滅ぶと、北周武帝はかれの名声を聞いて、陽休之・袁叔徳ら十数人とともに召し出した。陸爽は書物数千巻を携えて長安に入り、宣納上士に任ぜられた。

581年、隋が建国されると、太子内直監となり、まもなく太子洗馬に転じた。太子左庶子の宇文愷らとともに『東宮典記』70巻を撰した。南朝の使節を長安に迎えると、陸爽は学識を買われて使節の接待にあたった。591年、在官のまま死去した。享年53。上儀同・宣州刺史の位を追贈された。

子に陸法言があったが、太子楊勇が廃位されると、連座して官爵を剥奪された。

伝記資料[編集]