陸警隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

陸警隊(りくけいたい)とは、海上自衛隊における、基地等の警備を担当する部隊である。各地方隊の警備隊、警備所及び基地分遣隊等に置かれている部隊の一つである。隊員のバッジはSECURITY REACTION TEAMの文字が入っている。

主たる任務としては、基地構内における規律、風紀の維持及び基地警備その他武器、弾薬、燃料等の防護を任務とする。24時間態勢で人や車両の出入りを監視する。規律や風紀に関わる行動も任務に含まれるが、警務官とは別の部隊である。

任務の遂行の為、陸上自衛官と同じ戦闘服(迷彩服2型、戦闘防弾チョッキ)を着用することもあり、64式7.62mm小銃9mm拳銃等の小火器及び銃剣、警棒、さすまた等の各種警備用機材、警備犬等を保有する。陸警隊員は徒手格闘(自衛隊格闘術)、銃剣道の訓練も積極的に実施している。


部隊[編集]

大湊防空陸警隊[編集]

ソ連崩壊前後の世界情勢に鑑み、1993年3月31日には大湊警備隊の大湊陸警隊が廃止され、代わって大湊防空陸警隊が新編された。航空機による急襲に対処すべく、短SAM、81式短距離地対空誘導弾スティンガーミサイル等の対空火器を多数保有していた。しかし情勢が安定したため、2006年4月3日に廃止され、大湊陸警隊に再編成された。

陸警隊長の業務[編集]

陸警隊長は警備隊司令の命を受け、次の業務を行うものと定められている[1]

  1. 地方総監部の所在地に所在する部隊(以下「総監部等」という。)のうち海上幕僚長の指定する部隊の施設の警備に関すること。
  2. 総監部等の所在する地域における隊員の規律の統一に関すること。
  3. 総監部等のうち海上幕僚長の指定する部隊の施設の防火及び火気の取締りに関すること(建物の内部を除く。)。
  4. 礼砲台の管理及び運用に関すること(横須賀警備隊の部隊に限る。)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 警備隊の編制に関する訓令(昭和45年海上自衛隊訓令第21号)

関連項目[編集]