陸軍兵器本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大日本帝国陸軍
War flag of the Imperial Japanese Army.svg
中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示ノート編集履歴 

陸軍兵器本部(りくぐんへいきほんぶ)は、日本陸軍の兵器製造と補給を統括する機関で、陸軍省外局である。

概要[編集]

日中戦争に伴う補給と軍備充実のための兵器需要の増大が、兵器行政の効率化を促した。そのため、1940年(昭和15年)4月1日陸軍兵器廠陸軍造兵廠を統合し新組織の陸軍兵器廠とした[1]。新兵器廠を統括する陸軍兵器本部が設けられ、兵器補給廠(兵器支廠を改称)、造兵廠(工廠を改称)を下部組織とした。これにより兵器資材の製造、修理、調弁、貯蔵、補給を一元的に処理する体制を整えた。

戦局の悪化に伴い、さらに兵器行政の一元化が求められ、1942年(昭和17年)10月、陸軍兵器行政本部に統合され陸軍兵器本部は廃止された。

歴代本部長[編集]

所属組織[編集]

  • 次長
    • 小須田勝造 中将:1940年4月1日 - 1942年7月1日
  • 企画部長
  • 総務部長
    • 伴健雄 少将:1940年4月1日 -
    • 国武三千雄 少将:1941年3月1日 -
  • 作業部長
    • 長谷川治良 少将:1940年4月1日 -
  • 補給部長
    • 吉田嘉猷 少将:1940年4月1日 -
  • 技術部長
    • 相馬癸八郎 少将:1940年4月1日 -
  • 会計部長
    • 前川敬悦 少将:1940年4月1日 -
  • 幹部候補生隊
  • 東京第一陸軍造兵廠
    • 第1製造所
    • 第2製造所
    • 第3製造所
    • 東京第1造兵廠研究所
  • 東京第二陸軍造兵廠
    • 板橋製造所
    • 宇治製造所
    • 東京第2造兵廠研究所
  • 相模陸軍造兵廠
    • 第1製造所
  • 名古屋陸軍造兵廠
    • 鳥居松製造所
  • 大阪陸軍造兵廠
    • 第1製造所
    • 第4製造所
    • 播磨製造所
    • 枚方製造所
  • 小倉陸軍造兵廠
    • 第1製造所
  • 仁川陸軍造兵廠
  • 南満陸軍造兵廠(奉天
  • 東京陸軍兵器補給廠
  • 千葉陸軍兵器補給廠
  • 名古屋陸軍兵器補給廠
  • 大阪陸軍兵器補給廠
  • 岡山陸軍兵器補給廠
  • 広島陸軍兵器補給廠
  • 小倉陸軍兵器補給廠
  • 平壌陸軍兵器補給廠
  • 南満陸軍兵器補給廠(奉天)
  • 台湾陸軍兵器補給廠(台北

脚注[編集]

  1. ^ 陸軍兵器廠令(昭和15年4月1日勅令第209号)。従前の陸軍兵器廠令(大正2年3月28日勅令第30号)を廃止し、従前の陸軍造兵廠令を全部改正し、陸軍兵器廠令に改題した。

参考文献[編集]