陸軍士官学校卒業生一覧 (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

陸軍士官学校卒業生一覧 (日本)(りくぐんしかんがっこうそつぎょうせいいちらん(にほん))は、陸軍士官学校 (日本)の卒業生・修了生の一覧である。なお、原則としてWikipediaに記事が存在する人物を掲載する。陸軍航空士官学校関係者については同項目を参照。

卒業生等[編集]

陸軍兵学寮[編集]

  • 明治3年12月入学、明治5年6月卒業、明治6年5月任少尉
  • 明治6年12月入学、明治7年10月少尉試補、明治8年1月任少尉
    • 大尉:磯林真三(殉職)
  • 明治7年2月入学、明治7年10月少尉試補、明治8年1月任少尉
  • 明治7年3月入学、明治9年少尉試補、明治8年3月任工兵少尉
  • 明治7年10月入学、明治9年3月少尉試補、明治10年5月任少尉

士官生徒[編集]

※士官生徒は少尉任官は一律に行われるが、卒業は兵科毎に差がある。

旧1期[編集]

明治8年1月28日 - 2月入校、1877年7月18日 - 12月22日任官、117名

旧2期[編集]

(明治12年2月1日任官、136名)

旧3期[編集]

(1877年入校、明治12年(1879年)12月22日任官、96名)

旧4期[編集]

(明治14年(1881年)12月24日任官、58名)

旧5期[編集]

(明治15年(1882年)12月25日任官、60名)

旧6期[編集]

(明治16年(1883年)12月25日任官、59名)

旧7期[編集]

(明治18年(1885年)6月18日任官、61名)

旧8期[編集]

(明治19年(1886年)6月25日任官、144名)


旧9期[編集]

(明治20年(1887年)7月21日任官、189名)

旧10期[編集]

(明治21年(1888年)7月28日任官、158名)

旧11期[編集]

(明治22年(1889年)7月26日任官、207名)

士官候補生以降[編集]

1期[編集]

(明治23年(1890年)7月26日卒業、明治24年(1891年)3月26日任官、147名)

2期[編集]

(明治24年(1891年)7月30日卒業、明治25年(1892年)3月21日任官、148名)

3期[編集]

(明治25年(1892年)7月23日卒業、明治26年(1893年)3月13日任官、137名)

4期[編集]

(明治26年(1893年)7月25日卒業、明治27年(1894年)3月7日任官、188名)

5期[編集]

(明治27年(1894年)7月27日卒業、明治27年(1894年)9月18日任官、213名)

6期[編集]

(明治28年(1895年)1月1日卒業、明治28年(1895年)5月22日任官、216名)

7期[編集]

(明治29年(1896年)5月27日卒業、明治30年(1897年)1月25日任官、270名)

8期[編集]

(明治29年(1896年)11月26日卒業、明治30年(1897年)6月28日任官、292名)

9期[編集]

(明治30年(1897年)11月29日卒業、明治31年(1898年)6月27日任官、650名)

10期[編集]

(明治31年(1898年)11月25日卒業、明治32年(1899年)6月27日任官、649名)

11期[編集]

(明治32年(1899年)11月21日卒業、明治33年(1900年)6月22日任官、670名)

12期[編集]

(明治33年(1900年)11月21日卒業、明治34年(1901年)6月25日任官、655名)

元帥陸軍大将を輩出した最後期

13期[編集]

(明治34年(1901年)11月22日卒業、明治35年(1902年)6月23日任官、722名)

14期[編集]

(明治35年(1902年)11月22日卒業、明治36年(1903年)6月26日任官、702名)

15期[編集]

(明治36年(1903年)11月30日卒業、明治37年(1904年)2月12日任官、708名)

16期[編集]

(明治37年(1904年)10月24日卒業、明治37年(1904年)11月1日任官、549名)

17期[編集]

(明治37年(1904年)入校、明治38年(1905年)3月30日卒業、明治38年(1905年)4月21日任官、363名)

18期[編集]

(明治38年(1905年)11月25日卒業、明治39年(1906年)6月26日任官、920名)

19期[編集]

(明治40年(1907年)5月31日卒業、明治40年(1907年)12月26日任官、1068名)

20期[編集]

(明治41年(1908年)5月27日卒業、明治41年(1908年)12月25日任官、276名)

21期[編集]

(明治40年(1907年)入校、明治42年(1909年)5月27日卒業、明治42年(1909年)12月25日任官、418名)

22期[編集]

(明治41年(1908年)入校、明治43年(1910年)5月28日卒業、明治43年12月26日任官、721名)

23期[編集]

(明治42年(1909年)入校、明治44年(1911年)5月27日卒業、明治44年(1911年)12月26日任官、740名)

24期[編集]

(明治45年(1912年)5月28日卒業、大正元年(1912年)12月24日任官、734名)

25期[編集]

(大正2年(1913年)5月26日卒業、大正2年(1913年)12月25日任官、741名)

26期[編集]

(大正3年(1914年)5月28日卒業、大正3年(1914年)12月25日任官、742名)

陸軍大将を輩出した最後期

27期[編集]

(大正4年(1915年)5月25日卒業、大正4年(1915年)12月25日任官、761名)

28期[編集]

(大正5年(1916年)5月26日卒業、大正5年(1916年)12月26日任官、651名)

29期[編集]

(大正6年(1917年)5月25日卒業、大正6年(1917年)12月25日任官、536名)

30期[編集]

(大正7年(1918年)5月27日卒業、大正7年(1918年)12月25日任官、632名)

31期[編集]

(大正8年(1919年)5月28日卒業、大正8年(1919年)12月25日任官、489名)

32期[編集]

(大正9年(1920年)5月26日卒業、大正9年(1920年)12月26日任官、429名)

33期[編集]

(大正10年(1921年)7月27日卒業、大正10年(1921年)10月16日任官、437名)

34期[編集]

(大正11年(1922年)7月28日卒業、大正11年(1922年)10月25日任官、345名)

35期[編集]

(大正12年(1923年)7月21日卒業、大正12年(1923年)10月25日任官、315名)

36期[編集]

(大正13年(1924年)7月18日卒業、大正13年(1924年)10月25日任官、330名)

実役停年通りに昇進する閑院宮春仁王が昭和20年6月に陸軍少将に昇進するが、その他の者で少将まで昇進した者は戦死による特進の場合のみ。

陸軍士官学校本科以降[編集]

37期[編集]

(大正14年(1925年)7月25日卒業、大正14年(1925年)10月26日任官、302名)

38期[編集]

(大正15年(1926年)7月16日卒業、大正15年(1926年)10月25日任官、340名)

  • 少将:大曽根義彦(戦死)
  • 大佐:<首席>高瀬啓治・<次席>吉田元久・<三席>高崎正男・<四席>新宮陽太・松前未曽雄・大賀時雄・岡村誠之・西岡繁・神崎長
  • 中佐:浦部彰(戦死)・釘宮清重・山本顕弌・了戒次男・若松満則
  • 大尉:安藤輝三
  • 中尉:磯部浅一(一等主計)

39期[編集]

(昭和2年(1927年)7月19日卒業、昭和2年(1927年)10月25日任官292名)

  • 大佐:<首席>高山信武・<三席>細田煕・不破博・堂薗勝二・中原茂敏・中沢勝三郎・松田武草地貞吾
  • 中佐:一戸公哉・井上清一・大橋武夫・釜井耕輝・辻本隼三・牧野靖雄・馬杉一雄・吉田正治(戦死)
  • 留学生:黄瀛

40期[編集]

(昭和3年(1928年)7月17日卒業、昭和3年(1928年)10月26日任官、225名)

  • 大佐:黒田孝男(戦死)・橋田靖(戦死)
  • 中佐:<四席>神笠武登・石川秀江・井上忠男・島谷武・宮崎舜市・村中頼雄・森丙・吉満末盛
  • 大尉:河野壽(自決)
  • 中尉:<次席>竹嶌継夫
  • 少尉:<首席>高草木鳥海

41期[編集]

(昭和4年(1929年)7月17日卒業、昭和4年(1929年)10月25日任官、239名)

  • 皇族:茂麿王(後に臣籍降下し葛城茂麿伯爵(陸軍中佐)となる)
  • 大佐:近藤伝八(戦死)
  • 中佐:<首席>佐藤徳太郎・板垣徹・越次一雄(戦死)・片岡太郎・神野敏夫・山口英治・加藤昌平・高橋清伍(没後進級)・水町勝城
  • 大尉:荒木克業(戦死)
  • 中尉:栗原安秀中橋基明

42期[編集]

(昭和5年(1930年)7月19日卒業、昭和5年(1930年)10月25日任官、218名)

43期[編集]

(昭和6年(1931年)7月22日卒業、昭和6年(1931年)10月26日任官、227名)

44期[編集]

(昭和7年(1932年)7月11日卒業、昭和7年(1932年)10月25日任官、315名)

45期[編集]

(昭和8年(1933年)7月11日卒業、昭和8年(1933年)10月20日任官、337名)

  • 皇公族:陸軍中佐孚彦王・陸軍大佐
  • 中佐:<首席>神田八雄・<次席>田中兼五郎・<四席>田中耕二(空将)・山内豊秋朝枝繁春井田正孝・榊原正次・金富与志二・島貫重節・椎崎二郎李炯錫(若松勇作)・岩橋譲三(戦死)
  • 少佐:明石寛二・大室孟(空将)・井上元幸(陸将補)
  • 大尉:梶原元幸(戦死)

46期[編集]

(昭和9年(1934年)6月卒業、338名)

47期[編集]

(昭和8年(1933年)4月入校、昭和10年(1935年)6月卒業、330名)

48期[編集]

(昭和11年(1936年)6月卒業、388名)

49期[編集]

(昭和12年(1937年)6月卒業、471名)

50期[編集]

(陸士1937年12月卒業426名)

51期[編集]

(1938年12月卒業461名)

  • 少佐:荒木護夫・小坂三吉・北田一美

52期[編集]

(1939年9月卒業508名)

  • 少佐:井出洋(陸将)・大迫隆・古賀秀正・佐野幹雄・本城正八郎・水谷勝人・山本舜勝(陸将補)・志位正二
  • 大尉:<三席>若林東一

53期[編集]

(1940年2月卒業1365名)

54期[編集]

(1940年9月卒業1799名)

55期[編集]

(1941年7月卒業1755名)

56期[編集]

(1942年12月卒業1672名)

  • 少佐:阿部信弘(戦死)・崔貞根(高山昇・2階級特進、戦死)・水川禎輔(2階級特進、戦死)・田中秀志(2階級特進、戦死)・出丸一男(2階級特進、戦死)
  • 大尉:牛島貞二・李亨根(松山武雄)・崔昌植(高山隆)・金鍾碩(日原正人)・酒井次武

57期[編集]

(1944年(昭和19年)4月卒業1268名)

  • 大尉:桂正(2階級特進、戦死)・荒木春雄(2階級特進、戦死)・後藤光春(2階級特進、戦死)・金泳秀(金山泳秀・2階級特進、戦死)
  • 中尉:<首席>松本崇・<次席>片岡謙・<三席>吉村勝・<四席>岩城正保・飯山茂大島国雄鈴木敏通村上兵衛
  • 留学生:朴正煕(高木正雄)

58期[編集]

(1945年(昭和20年)6月卒業1146名)

59期[編集]

(終戦後に特別に卒業資格を付与、陸士1250名)

昭和18年4月1日に陸軍予科士官学校入校、昭和19年10月13日に予科士官学校卒業、同日に士官候補生を命ぜられ、昭和19年10月14日に士官学校入校、同日に兵長の階級を与えられ、昭和20年1月15日に伍長の階級に進み、昭和20年3月15日に軍曹の階級に進む。1961年に59・60期の同窓会「国史会」一部の者がクーデターを企画して破防法適用事件第1号となった(三無事件参照)。

60期[編集]

(陸士1824名) 昭和19年2月21日幼年学校出身者は予科士官学校へ仮入校。

本科生徒たる兵長で士官学校閉校。

61期[編集]