陸軍少年通信兵学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大日本帝国陸軍
War flag of the Imperial Japanese Army.svg
中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示ノート編集履歴 

陸軍少年通信兵学校(りくぐんしょうねんつうしんへいがっこう)とは、東京府北多摩郡東村山町(現:東村山市)にあった大日本帝国陸軍の教育機関(軍学校)のひとつである。この項目では、後身の東京陸軍少年通信兵学校村松陸軍少年通信兵学校についても記述する。

概要[編集]

1942年4月、昭和16年11月28日勅令第1016号により陸軍通信学校内に教育総監隷下の陸軍少年通信兵学校が設置され、1942年10月に北多摩郡東村山町に移転した。

本校の目的は、通信関係の現役兵科下士官となる生徒に訓育、学科、術科の教育を行うことであった。生徒は少年飛行兵召募試験合格者。毎年一回の入学で、修学期間は約2年であった。

1943年10月、陸軍少年通信兵学校を東京陸軍少年通信兵学校と改称し、新潟県村松町に村松陸軍少年通信兵学校を設置した。

沿革[編集]

  • 1942年(昭和17年)4月1日 - 陸軍少年通信兵学校を陸軍通信学校内に設置。
    • 10月 - 東京府北多摩郡東村山町に移転。
  • 1943年(昭和18年)10月 - 東京陸軍少年通信兵学校村松陸軍少年通信兵学校を設置。

歴代校長[編集]

東京
  • 末光元広 少将:1942年4月1日 -
  • 小山義己 大佐:1943年11月6日 -
  • 小西貞治 大佐:1945年3月9日 -

村松陸軍少年通信兵学校[編集]

所在地
歴代校長
  • 高木正実 大佐:1943年10月1日 -

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 原剛・安岡昭男編『日本陸海軍事典コンパクト版(上)』新人物往来社、2003年。