陸軍教導学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大日本帝国陸軍
War flag of the Imperial Japanese Army.svg
中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示ノート編集履歴 

陸軍教導学校(りくぐんきょうどうがっこう)は、下士官を養成する日本陸軍の教育機関(軍学校)である。

沿革[編集]

日本陸軍では下士官の養成を1871年(明治4年)から1899年(明治32年)まで陸軍教導団で実施していた。教導団廃止後は、各部隊で下士官の補充・教育を担当したが、下士官の質の低下が問題となった。そこで、1927年(昭和2年)7月1日に「陸軍教導学校令」(昭和2年勅令第212号)が制定され、歩兵科の下士官候補者を養成する教育総監管下の陸軍教導学校が、仙台豊橋熊本に設置された。歩兵科以外の下士官養成は従来どおり各部隊で行われた。

下士官候補者は、一年間の在営後に入学し、一年間の修学期間を経て、卒業後に下士官となった。教育内容は、精神教育を中心として、軍事学、普通学、下士官の服務に要する術科訓練などであった。

1933年(昭和8年)8月から豊橋陸軍教導学校において、歩兵科に加えて騎兵砲兵科の下士官候補者の教育を実施した。

1938年(昭和13年)3月、「陸軍予備士官学校令」(昭和13年勅令第139号)が制定され、予算上の関係で、予備士官学校が豊橋校、仙台校に併設された。1939年(昭和14年)8月、豊橋校での騎兵・砲兵科の下士官候補者の教育は廃止となった。その後、全面的に予備士官学校に転換が図られ、教導学校は1943年(昭和18年)3月29日勅令第221号により同年8月2日に廃止された。その後、歩兵の下士官養成は各軍隷下の軍教育隊で実施された。

歴代校長[編集]

仙台陸軍教導学校長[編集]

  • 平賀貞蔵 大佐:1927年7月1日 -
  • 木村恒夫 少将:1930年8月1日 -
  • 中井武三 大佐:1932年4月11日 -
  • 小泉恭次 歩兵大佐:1935年3月15日 - 1936年3月23日[1]
  • 山田栴二 歩兵大佐:1936年3月28日[2] -
  • 山地坦 少将:1937年11月1日 -
  • 天谷直次郎 少将:1938年7月15日 - 1939年10月2日
  • 人見秀三 少将:1939年12月1日 -
  • 高野直満 少将:1940年12月2日 -
  • 岩切秀 少将:1942年8月1日 -
  • 原田棟 大佐:1943年6月10日 - 1943年8月2日廃止

豊橋陸軍教導学校長[編集]

  • 武田秀一 大佐:1927年7月1日 -
  • 川原侃 少将:1930年8月1日 -
  • 林茂清 少将:1932年9月1日 -
  • 中井武三 少将:1935年3月15日 -
  • 常岡寛治 少将:1936年3月7日 -
  • 伊藤知剛 少将:1938年3月1日 -
  • (兼)石黒貞蔵 少将:1939年8月1日 -
  • (兼)古閑健 少将:1940年8月1日 -
  • 田中信男 大佐:1940年10月1日 -
  • (兼)小田健作 少将:1941年9月1日 -
  • (兼)宮崎武之 少将:1941年10月15日 - 1943年8月2日廃止

熊本陸軍教導学校長[編集]

  • 深沢友彦 大佐:1927年7月1日 -
  • 古賀徹治 少将:1929年8月1日 -
  • 太田義三 大佐:1931年10月1日 -
  • 福田袈裟雄 少将:1933年8月1日 -
  • 佐枝義重 少将:1934年8月1日 -
  • 浜本喜三郎 少将:1935年12月2日 -
  • 山崎右吉 少将:1938年3月1日 -
  • 千田貞雄 大佐:1939年3月9日 -
  • 佐野虎太 大佐:1940年8月1日 - 1942年3月28日
  • 村上宗治 少将:1942年4月1日 -
  • 石井信 大佐:1943年6月10日 - 1943年8月2日廃止

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2765号、昭和11年3月24日。
  2. ^ 『官報』第2770号、昭和11年3月30日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 原剛・安岡昭男編『日本陸海軍事典コンパクト版(上)』新人物往来社、2003年。