陸軍記念日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1944年の陸軍記念日式典。奥の建物は朝日新聞東京本社(東京・有楽町、現:有楽町マリオン

陸軍記念日(りくぐんきねんび)とは、一般に陸軍の勝戦を祝う記念日である。

戦前日本[編集]

戦前日本では、3月10日であった。これは、1905年3月10日に、日露戦争奉天会戦大日本帝国陸軍が勝利し、奉天(現在の瀋陽)を占領して奉天城に入城した日である。1906年(明治39年)3月10日が第1回陸軍記念日である。[1]

1945年3月10日の東京大空襲は、この陸軍記念日を狙って実施されたという説がある。当時の日本で、この記念日にアメリカの大規模な攻撃があるとの噂が流布しており、この噂が後になって事実であるかのように出回っていた。日本には事実とする書籍や資料が存在するが、アメリカ側の資料では確認できない。

世界[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1943年(昭和18年)2月23日、日本の陸軍省は「撃ちてし止まむ 陸軍省 第三十八回 陸軍記念日」と書かれているポスターを印刷し、配布したので、1906年(明治39年)3月10日が第1回陸軍記念日である。

関連項目[編集]