陽平郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

陽平郡(ようへい-ぐん)は、中国にかつて存在した三国時代から初にかけて、現在の河北省南東部と山東省西部にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

221年黄初2年)、魏郡の東部を分割して陽平郡が立てられた[1]。陽平郡は司州に属した。

のとき、陽平郡は元城館陶清淵発干東武陽陽平楽平の7県を管轄した[2]

北魏のとき、陽平郡は館陶・清淵・楽平・発干・臨清武城武陽・陽平の8県を管轄した[3]

580年大象2年)、北周により屯州が置かれ、陽平郡は屯州に転属した[4]

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、陽平郡は廃止されて、屯州に編入された。605年大業元年)、屯州が廃止されて、魏州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、魏州は武陽郡と改称された[5]

僑置陽平郡[編集]

南北朝時代の南朝においては、陽平郡の本土が北朝の統治下にあったため、幾度か僑郡の陽平郡が置かれた。いずれの地もやがて北朝に奪われた。

徐州の陽平郡[編集]

南朝宋のとき、徐州に陽平郡が立てられた。陽平郡は館陶・陽平・濮陽の3県を管轄した[6]。北魏がその地を奪うと、南陽平郡と改めた。南陽平郡は襄邑・陽平・濮陽の3県を管轄した[7]

兗州の陽平郡[編集]

457年(南朝宋の大明元年)、兗州に陽平郡が立てられた[8]南朝斉のとき、陽平郡は北兗州に属し、泰清・永陽・安宜・豊国の4県を管轄した[9]。北魏がその地を奪うと、東陽平郡と改めた。東陽平郡は兗州に属し、元城・楽平・頓丘・館陶・平原の4県を管轄した[7]

楚州の陽平郡[編集]

南朝梁のとき、北徐州に陽平郡が立てられた。東魏がその地を奪い、北陽平郡と改めた。549年武定7年)、北徐州が楚州と改められると、北陽平郡は楚州に転属した。北陽平郡は陽平・濮陽の2県を管轄した[7]

淮州の陽平郡[編集]

南朝梁のとき、淮州に陽平郡が立てられた。東魏がその地を奪った。この陽平郡は泰清県1県を管轄した[7]

脚注[編集]

  1. ^ 三国志』魏書文帝紀
  2. ^ 晋書』地理志上
  3. ^ 魏書』地形志二上
  4. ^ 周書』静帝紀
  5. ^ 隋書』地理志中
  6. ^ 宋書』州郡志一
  7. ^ a b c d 魏書』地形志二中
  8. ^ 宋書』孝武帝紀
  9. ^ 南斉書』州郡志上