陽侯真身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
陽侯真身
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下但馬守
主君 元正天皇聖武天皇
氏族 陽侯氏
令珍、令珪、令璆、人麻呂
テンプレートを表示

陽侯 真身(やこ の まみ/むざね)は、奈良時代貴族官位従五位下但馬守

経歴[編集]

養老6年(722年矢集虫麻呂らと共に養老律令撰修の功労により功田を与えられれ、真身の功田は4町であった[1]天平2年(730年)通訳養成のために粟田馬養ら4人と共にそれぞれ弟子を2人取り漢語を教授した[2]

天平7年(735年従五位下に叙せられたのち、天平10年(738年豊後守、天平13年(741年但馬守聖武朝後半は地方官を歴任し、天平20年(748年)外従五位上次いで従五位下に昇叙された。

東大寺大仏建立に際して、銭1000貫、牛1頭を献上している[3]

官歴[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』養老6年2月27日条
  2. ^ 『続日本紀』天平2年3月27日条
  3. ^ 『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』
  4. ^ a b c d 『続日本紀』天平勝宝元年5月5日条

参考文献[編集]