隅田満寿代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すみだ ますよ
隅田 滿壽代
別名義 隅田 ます江 (すみだ ますえ)
隅田 ます代
隅田 万寿代
生年月日 1874年
没年月日 1936年6月26日
出生地 日本の旗 日本 北海道
死没地 日本の旗 日本 東京府東京市(現在の東京都
職業 女優
ジャンル 劇映画現代劇時代劇剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1924年 - 1936年

隅田 滿壽代(すみだ ますよ、1874年 - 1936年6月26日)は、日本の女優である[1][2][3][4][5]。新字体表記隅田 満寿代[1][2][3][4]。初期芸名隅田 ます江(すみだ ますえ)、キャリアの後期に新興キネマに所属して以降は隅田 ます代とクレジットされることが多かった[3][4]。ほかにも隅田 万寿代隅田 ますよ隅田 満州代隅田 マスヨ住田 ますよと表記に揺れがある[3][4]。50代で映画女優になり、多くの作品で老け役をこなしたことで知られる[1][2]

人物・来歴[編集]

1874年明治7年)、北海道に生まれる[1][2]

1925年(大正14年)、満51歳で帝国キネマ演芸に入社した[1][2]、とされるが、記録に残る最初の映画出演は、同社小坂撮影所が製作した『情熱の火』(監督中川紫朗)で、同作は、1924年(大正13年)3月20日に公開されている[3][4]。翌年の同社内紛においては、アシヤ映画製作所に所属して映画に出演、内紛平定後は同社芦屋撮影所に所属した[3][4]。同年9月3日に公開された『隼七之助 後篇』(監督馬場春宵)を最後に同社を去り、マキノ省三が同年6月に京都に設立したマキノ・プロダクションに移籍した[3][4]。1928年(昭和3年)からの一時期、東京の河合映画製作社の作品に出演した記録があるが、1929年(昭和4年)7月12日に公開された『悪の華七部集の内直助権兵衛』(監督鈴木桃作)を最後に、マキノに復帰している[3][4]。同年7月25日には、牧野省三が亡くなっており、同年9月にマキノ正博を核とした新体制が発表になったが、隅田の名は、「俳優部女優」には見当たらない[6]。その後、新体制下のマキノ・プロダクションは財政が悪化し、1930年(昭和5年)2月28日に公開された『祇園小唄絵日傘 第一話 舞の袖』(監督金森万象)を最後に退社している[3][4]

マキノ退社後、松竹下加茂撮影所を経て、1931年(昭和6年)には、京都の新興キネマに移籍、以降、「隅田 ます代」とクレジットされるようになる[3][4]。1935年(昭和10年)には、東京に新設された新興キネマ東京撮影所に異動になり、現代劇のサウンド版やトーキーにも出演した[3][4]。東京撮影所では「隅田 満寿代」とも「隅田 万寿代」ともクレジットされている[3][4]

1936年(昭和11年)4月15日に公開された『浮かれ桜』(監督曾根千晴)に出演後、「貧血補充不可能症」「脂昉過多症」で東京府東京市(現在の東京都)の慶應義塾大学病院に入院、同年6月26日、死去した[1][2]。満62歳没[1]

フィルモグラフィ[編集]

クレジットはすべて「出演」である[3][4]。公開日の右側には役名[3][4]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[5][7]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。資料によってタイトルの異なるものは併記した。

帝国キネマ演芸芦屋撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「帝国キネマ演芸芦屋撮影所」、配給は「帝国キネマ演芸」、すべてサイレント映画である[3][4]

  • 『情熱の火』 : 監督中川紫朗、製作帝国キネマ演芸小坂撮影所、配給帝国キネマ演芸、1924年3月20日公開 - お浪の母 (「隅田ます江」名義)
  • 『初恋の頃』 : 監督松本英一、製作アシヤ映画製作所、配給帝国キネマ演芸、1925年4月30日公開 - 林田の母君子
  • 『琵琶歌』 : 監督松本英一、製作アシヤ映画製作所、配給帝国キネマ演芸、1925年5月14日公開 - その母お辰
  • 『去り行く影』 : 監督佐藤喜一郎(佐藤樹一路)、1925年8月11日公開 - その母お霜 (「隅田マスヨ」名義)
  • 『隼七之助 後篇』 : 監督馬場春宵、1925年9月3日公開 - 女房お縫 (「隅田ます江」名義)

マキノプロダクション御室撮影所[編集]

すべて製作は「マキノプロダクション御室撮影所」、配給は「マキノ・プロダクション」、すべてサイレント映画である[3][4]

  • 『糸の乱れ 後篇』 : 監督沼田紅緑、1925年10月23日公開 - 吉弥の母
  • 『復讐と兄弟』 : 監督勝見正義、1925年12月18日公開 - 妻おしの (「隅田万寿代」名義)
  • 『黒髪地獄 前後篇』 : 監督沼田紅緑、1925年12月25日公開 - 女房おぎん
  • 『修羅八荒 第一篇』 : 総監督マキノ省三、監督二川文太郎・勝見正義・橋本佐一呂、1926年2月15日公開 - 小新婆さん (「隅田ます代」名義)
  • 『修羅八荒 第二篇』 : 総監督マキノ省三、監督二川文太郎・勝見正義、1926年3月3日公開 - 小新婆さん (「隅田ます代」名義)
  • 『孔雀の光 第二篇』 : 監督沼田紅緑、1926年3月19日公開 - 松原北の方 (「隅田万寿代」名義)
  • 『愚恋の巷 武家気質』 : 監督二川文太郎、1926年7月15日公開 - 式部の母波路 (「隅田ます代」名義)
  • 『どんどろ堀』 : 監督二川文太郎、1926年10月1日公開 - 母親おせん (「隅田ます江」名義)
  • 『どんぐり長屋』 : 監督曾根純三、1926年10月1日公開 - 女房おとら (「隅田ます江」名義)
  • 『照る日くもる日 第一篇』 : 監督二川文太郎、1926年11月7日公開 - 老女お六 (「隅田ます江」名義)
  • 『照る日くもる日 第二篇』 : 監督二川文太郎、1926年11月26日公開 - 老女お六 (「隅田ます江」名義)
  • 『喧嘩買兵衛』 : 総監督マキノ荘造(マキノ省三)、監督勝見正義、製作勝見庸太郎プロダクション、1927年1月14日公開 - 買兵衛の母 (「隅田万寿代」名義)
  • 『稲妻 前篇』 : 総監督牧野荘造(マキノ省三)、監督人見吉之助中島宝三、1927年2月17日公開 - 母竹野

河合映画製作社[編集]

すべて製作・配給は「河合映画製作社」、すべてサイレント映画である[3][4]

  • 『串本情話湖の岬に燈台あれど』 : 監督松本英一、1928年5月18日公開 - 役名不明 (「隅田ます代」名義)
  • 笠森お仙』 : 監督丘虹二、1929年1月25日公開 - 丹下の母 (「隅田ます代」名義)
  • 『異説 番町皿屋敷』 : 監督丘虹二、1929年4月5日公開 - 伯母秋篠 (「隅田万寿代」名義)
  • 『悪の華七部集の内直助権兵衛』 : 監督鈴木桃作、1929年7月12日公開 - お松 (「隅田万寿代」名義)

マキノプロダクション御室撮影所[編集]

すべて製作は「マキノプロダクション御室撮影所」、配給は「マキノ・プロダクション」、すべてサイレント映画である[3][4]

松竹下加茂撮影所[編集]

すべて製作は「松竹下加茂撮影所」、配給は「松竹キネマ」、すべてサイレント映画である[3][4]

  • 『冬木心中』 : 監督冬島泰三、1930年5月30日公開 - おとく (「住田ますよ」名義)
  • 『かごや大納言』 : 監督二川文太郎、1931年7月15日公開 - 老女

新興キネマ[編集]

すべて製作・配給は「新興キネマ」(京都)、すべてサイレント映画、特筆以外はすべて「隅田ます代」名義である[3][4]

  • 『日の丸若衆』 : 監督後藤岱山、製作大衆文芸映画社、配給新興キネマ、1931年12月24日公開 - 兵馬の母眞弓 (「隅田万寿代」名義)
  • 悲しみの天使』 : 監督印南弘、1932年3月17日公開 - 俊子の母
  • 不如帰』 : 監督木村恵吾、1932年4月8日公開 - 乳母お磯
  • 『享保旗本くづれ』 : 監督中島宝三、1932年4月27日公開 - 乳母お辻
  • 月魄』 : 監督渡辺新太郎、1932年5月25日公開 - 喬の母お石
  • 『佳人よ何処へ』 : 監督福西譲治、製作大衆文芸映画社、配給新興キネマ、1932年6月1日公開 - あけみの母嘉子 (「隅田満州代」名義)
  • 『草笛を吹きつゝ』 : 監督清涼卓明、1932年6月4日公開 - 敏夫の老母
  • 『伊太八縞』 : 監督松田定次、1932年6月30日公開 - お俊の母
  • 『愛に栄光あれ』 : 監督印南弘、1932年7月6日公開 - その母
  • 彼女の運命』 : 監督高見貞衛、1932年8月19日公開 - 辰雄の母奈良栄
  • 『新祇園小唄』 : 監督曾根純三、1932年9月1日公開 - お歌
  • 『姿なき怪盗 前篇』 : 監督曾根純三、1932年9月22日公開 - 谷山くめ
  • 『水上制覇のかげに』 : 監督松石修、1932年9月29日公開 - 哲夫の母
  • 『愛と憎しみ 涙の惨劇』 : 監督中島宝三、1932年10月29日公開 - 老母ふさ、71分尺で現存(NFC所蔵[5]
  • 『女大学誓の巻』 : 監督木村恵吾、1932年11月10日公開 - 長吉の母
  • 『姿なき怪盗 後篇』 : 監督曾根純三、1932年11月17日公開 - 谷山くめ
  • 『剣侠一代男』 : 監督中島宝三、1932年12月25日公開 - 勝間の母増江
  • 『栄え行く道』 : 監督曾根純三、1933年1月7日公開 - 敏夫の母貞子
  • 『夢の花嫁』 : 監督曾根純三、1933年1月22日公開 - 和夫の母
  • 『銃後の勝利』 : 監督田中重雄、1933年2月8日公開 - 柳沢の母
  • 『静子の話』 : 監督寿々喜多呂九平、1933年2月10日公開 - おせき
  • 『山を守る兄弟 前篇』 : 監督並木鏡太郎、製作嵐寛寿郎プロダクション、配給新興キネマ、1933年3月1日公開 - 老婆
  • 『山を守る兄弟 後篇』 : 監督並木鏡太郎、製作嵐寛寿郎プロダクション、配給新興キネマ、1933年3月24日公開 - 老婆
  • 『隠密一代男』 : 監督白井戦太郎、製作嵐寛寿郎プロダクション、配給新興キネマ、1933年4月21日公開 - 梅花尼
  • 『あなたの彼女に御用心』 : 監督曾根純三、1933年7月6日公開 - 住友の母
  • 『半次月夜の唄』 : 監督松田定次、1933年8月3日公開 - 下宿屋の女将
  • 『雪の肌蜻蛉組』 : 監督広瀬五郎、1933年8月9日公開 - 用助の母おみね
  • 『秋祭深川音頭』 : 監督押本七之助、1933年9月7日公開 - 平左衛門の女房おくら
  • 『晴れ晴れ左門』 : 監督松田定次、1933年10月19日公開 - 婆やお村
  • 『弥太五郎懺悔』 : 監督石田民三、1933年10月26日公開 - お吉
  • 『赤い唇』 : 監督川手二郎、1933年製作・公開 - 下宿のおばさん
  • 春告鳥』 : 監督東坊城恭長、1933年12月31日公開 - 母
  • 『魂の影絵』 : 監督広瀬五郎、1934年2月22日公開 - 内蔵助の母
  • 天保水滸伝』 : 監督松田定次、1934年3月21日公開 - 源作の母
  • おせん』 : 監督石田民三、1934年5月31日公開 - おせんの母お岸
  • 『巨人街』 : 監督田中重雄、1934年9月13日公開 - 銀太郎の母お網

新興キネマ東京撮影所[編集]

『国を護る者日蓮』(1935年)公開時のチラシ。

特筆以外すべて製作は「新興キネマ東京撮影所」、配給は「新興キネマ」、特筆以外はサイレント映画、特筆以外はすべて「隅田ます代」名義である[3][4]

  • 『鼻唄奇兵隊』 : 監督金田繁、1935年2月28日公開 - お由紀の母
  • 『民衆の太陽』 : 監督上野真嗣、サウンド版、1935年2月28日公開 - 君子の母
  • 『国を護る者日蓮』[8](『国を護る日蓮』[3]) : 監督曾根千晴(曾根純三)、トーキー、1935年4月7日公開 - 日蓮の母梅菊 (「隅田満寿代」名義)
  • 『男三十前』 : 監督牛原虚彦、製作高田プロダクション、配給新興キネマ、トーキー、1935年5月15日公開 - 患者の老婆 (「隅田満寿代」名義)
  • 恋の浮島』 : 監督川手二郎、サウンド版、1935年6月26日公開 - 竜吉の母お種 (「隅田満州代」名義)
  • 花嫁学校』 : 監督鈴木重吉、トーキー、1935年7月1日公開 - 生花の先生
  • 『脱線三銃士』 : 監督寿々喜多呂九平、サウンド版、1935年8月8日公開 - 且の母かつ (「隅田満州代」名義)
  • 『右門捕物帖 花嫁地獄変』 : 監督二川文太郎、製作嵐寛寿郎プロダクション、配給新興キネマ、トーキー、1935年11月16日公開 - 右門宅の雇い婆
  • 己が罪』 : 監督西鉄平、部分発声版、1936年1月15日公開 - お初 (「隅田万寿代」名義)
  • 『乙女橋』 : 監督川手二郎、トーキー、1936年1月25日公開 - お里の母、54分尺で現存(NFC所蔵[5]
  • 『半島の舞姫』 : 監督今日出海、トーキー、1936年4月1日公開 - 白雪姫の母 (「隅田万寿代」名義)
  • 『浮かれ桜』 : 監督曾根千晴(曾根純三)、1936年4月15日公開 - お源婆さん (「隅田万寿代」名義)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g キネマ旬報社[1980], p.381-382.
  2. ^ a b c d e f 隅田満寿代jlogos.com, エア、2013年5月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 隅田ますよ隅田ます江日本映画データベース、2013年5月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 隅田満寿代隅田万寿代隅田ます代、日本映画情報システム、文化庁、2013年5月8日閲覧。
  5. ^ a b c d 隅田万寿代隅田ます代東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年5月8日閲覧。
  6. ^ 1929年 マキノ・プロダクション御室撮影所所員録立命館大学、2013年5月8日閲覧。
  7. ^ 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年5月8日閲覧。
  8. ^ 国を護る者日蓮、日本映画情報システム、文化庁、2013年5月8日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]