隈取磁極型誘導電動機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スケルトンモータ
ステーターと隈取りコイル

隈取磁極型誘導電動機(くまとりじきょくがたゆうどうでんどうき)は、単相誘導電動機の一種である。くま取りコイルモータくま取り巻線形電動機隈取線輪型誘導電動機とも呼ばれる。

基本構造[編集]

隈取磁極は単相交流電源で使用する誘導電動機にて、始動トルクを得る方式の一つである。磁極(ステータ)の一部に短絡コイル(くま取りコイル)を巻くことにより励磁の遅れが発生し、回転磁界を発生させることで回転子(ロータ)の回転方向が決定する。一度始動した後は、2極型の直流整流子電動機の要領で回転を続ける。

隈取コイルを90°ずらして2対設置して回路が開いた状態にしておき、どちらかを短絡する構造とすることで逆転可能なモーターとすることができる。既成のモーターを逆回転させることはできない。

名称の『隈取』は、歌舞伎役者化粧と同じ由来で、を作ることを意味する。磁気的に考えると短絡コイルがあることで、その部分の磁化を遅らせる(影を作る、遮る)ためである。

単相誘導電動機としては構造が単純で安価であるが、効率が悪いため、小型で負荷の軽い冷却ファンなどの用途に使用される。
ステータとロータがハウジングに収められておらず露出したタイプのモータは「スケルトンモータ」とも呼ばれることがある。特に安価な交流モータとして扇風機等に使用されている。

関連項目[編集]