隈部親永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:山鹿市の隈部親永銅像の画像提供をお願いします。2015年4月
 
隈部 親永
時代 戦国時代安土桃山時代
生誕 不詳
死没 天正16年5月27日1588年6月20日
戒名 仙空
官位 刑部允、但馬守筑後守
氏族 隈部氏
父母 父:隈部親家
兄弟 親永、親房
親泰、内空閑鎮房(正利)[1]
菊姫(内空閑鎮資室、子に内空閑鎮照)

隈部 親永(くまべ ちかなが)は、戦国時代肥後国国人

経歴[編集]

隈部氏の28代当主と称するが、詳細は不明である。肥後国山鹿郡永野城主。当時の隈部氏は、大友氏による菊池義武擁立に協力して以来、同氏に属していたが、天正元年(1573年)に父・親家が退隠すると大友傘下の旧菊池氏家臣団の中心人物となった。また隈部忠直同様に内田八幡宮に寄付を行った。

赤星氏との抗争[編集]

当時の肥後北部は、大友氏支配の下で城氏赤星氏・隈部氏ら旧菊池家臣が統治していたが、その中で親永と赤星親家が主導権を争い、領土問題も絡んで対立が深まった。永禄2年(1559年)には、侵攻してきた赤星親家を合勢川の戦いで破った。敗退した赤星氏大友氏に援助を求めたため、親永はこれに対抗して肥前国龍造寺隆信と結んだ。天正6年(1578年)11月に耳川の戦いで大友氏が大敗すると、龍造寺氏の肥後侵攻に加担した。

天正8年(1580年)3月、城親賢らと大友方の阿蘇氏を攻めたが、阿蘇氏重臣の甲斐宗運によって白川亘過瀬において撃退された。7月末、江上家種率いる龍造寺勢と共同で赤星統家(親家の子)の配下の星子中務廉正が拠る長坂城を攻める。赤星統家の叔父・合志親賢による救援軍を破り、8月2日に星子廉正を自刃させて長坂城を攻略、族臣の有働兼元を城番とした。翌9年(1581年)、龍造寺政家が赤星氏の本拠隈府城を攻略すると、同城の支配を任される。

この頃、本拠を永野城から隈府城に移し、また子の隈部親泰城村城に入れる。所領は明確でないが菊池・山鹿・山本の三郡に及んだ。また菊池旧臣と盛んに婚姻関係を結んで勢力を拡大させた。

天正12年(1584年)3月、沖田畷の戦いで同盟者の龍造寺隆信が戦死する。肥後における龍造寺氏の勢力は急速に衰え、同年8月に島津氏が肥後北部に侵攻してくると、9月には人質を出してこれに降った[2]

国衆一揆[編集]

天正15年(1587年)3月に豊臣秀吉九州征伐が始まると、他の肥後国人同様に秀吉に恭順した。しかし所領は大幅に減らされた。

同年6月、佐々成政が肥後一国の領主に任命され、肥後国人はその与力に組み込まれることになった。成政が差出検地を行おうとすると、これを領知権の侵害として秀吉の朱印状を盾に拒否し、7月には隈府城に籠城した。8月6日、成政が自ら六千の兵力で隈府城を攻めると、同城を放棄して城村城に移る。

国人衆の多くが呼応して挙兵したため、成政は独力で一揆勢を鎮圧することができず、秀吉に援軍要請を行った。九州を唐入りの兵站基地と位置づけていた秀吉は、早期解決を図って九州・四国の大名を総動員して一揆勢を攻撃した。同年末には安国寺恵瓊の勧めで城村城を開け渡し、同時期に田中城も陥落して一揆は鎮圧された。降伏後は筑後国立花宗茂に預けられ、側近と共に柳川城黒門前で放し討ちにされた。

銅像[編集]

平成21年(2009年5月15日熊本県山鹿市菊鹿町に残る隈部氏館跡(永野城跡)が国指定の史跡になることが発表された[3](正式指定は7月)。

これを記念して、山鹿市で隈部親永の銅像を建立する計画が行われ、平成22年(2010年)に山鹿市菊鹿町あんずの丘で着工した。平成23年(2011年)に完成し、11月26日除幕式が行われた。像の高さは5メートル、台座をあわせると10メートルで、本妙寺清正公像と並び県内最大級の武士像という[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ 姓は「うちくが」と読む。鎮房の妹・菊姫が嫁いでいた内空閑氏第8代当主・内空閑鎮資の養嗣子。「鎮」の字は大友義鎮(宗麟)から賜ったものとも考えられるが、内空閑氏でも代々用いられている。詳しくはこちらも参照。
  2. ^ この時所領は山鹿郡のみとなったとする資料もある(『戦国武将・合戦事典』)。
  3. ^ 文化庁 平成21年5月15日 史跡等の指定等について
  4. ^ 山鹿市 県内最大級の武士像が完成しました (隈部親永公像)
  5. ^ あんずの丘 【熊本県】山鹿市特産工芸村 あんずの丘 | お知らせ&イベント

参考文献[編集]

  • 峰岸純夫・片桐昭彦編『戦国武将・合戦事典』(吉川弘文館、2005年) ISBN 4642013431
  • 阿倍猛・西村圭子編『戦国人名事典』(新人物往来社、1987年) ISBN 4-404-01412-0
  • 松本寿三郎他『熊本県の歴史』(山川出版社、1999年) ISBN 4-634-32430-X
  • 『熊本県史 総説編』(熊本県、1965年)
  • 『日本歴史地名大系第44巻 熊本県の地名』(平凡社1985年(昭和60年)3月初版)