随方毘尼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

随方毘尼(ずいほうびに)とは、仏教戒律の一種で、TPOにあわせた規制や緩和を行うこと。随処毘尼などともいう。毘尼とはサンスクリット語で戒律を意味するVinayaの音写。

基本的に、仏教における戒律はによって制定されたものであった。しかし仏教がインドから東へ伝わっていくと、実際にはその地域などや風習など、また時代によって規定を変えなければならなかった。これを随方(あるいは随処)という。

したがって、仏の法に随順していれば、毘尼(戒律)の原則的な規制に関わらず、時や場所、またそのケースによって新たに制定したり、また反対に緩和したり廃止してもよいとされるようになった。これが随方毘尼である。

しかし、仏教が拡がるに従い、この制度やその解釈を悪用して、破戒行為を行うケースも多いとされる。

また、女人禁制なども日本特有の随方毘尼の一種とされる。

関連項目[編集]