隔冥記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

隔蓂記(かくめいき)は、金閣寺の住職、鳳林承章1635年1668年に書き綴った日記。後水尾天皇時代の上流文化を知る貴重な資料として知られる。

鳳林承章は、茶の湯などを通じて、公家から武士町人まで幅広い人脈を持ち、そうした上流階級の趣味や暮らしを43歳から33年間にわたって綴った。登場人物は茶人絵師学者歌人など多岐にわたり、華やかな寛永文化を彩る名だたる文化人の豊富な記録になっている。主な登場人物は、後水尾上皇、千宗旦小堀遠州金森宗和片桐石州桑山一玄野々村仁清、粟田宮作兵衛、池坊専好狩野守信、山本友我、林羅山、本阿弥光甫、曽谷宗喝、糸屋十右衛門など。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 隔蓂記 思文閣出版案内

参考文献[編集]

  • 『隔蓂記 全7巻』思文閣出版 2006年
  • 『寛永文化のネットワーク―『隔蓂記』の世界』 思文閣出版 1998年