隕石とインポテンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
隕石とインポテンツ
監督 佐々木想
脚本 佐々木想
製作総指揮 鈴木徳至
出演者 筑波竜一
野本かりあ
中村邦晃
音楽 Open Reel Ensemble
撮影 岩永洋
編集 佐々木想
配給 JAPAN SHORTS事務局
公開 日本の旗2013年8月24日公開
上映時間 10分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

隕石とインポテンツ』(いんせきとインポテンツ、METEORITE+IMPOTENCE)は、2013年8月24日公開の日本映画

概要[編集]

地球に接近した超巨大隕石の脅威の下、夜の営みに悩む夫婦を描く短編映画。
第66回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門ノミネート作。
世界の国際映画祭や国際見本市に向けて日本発「世界志向の短編映画」プロデュースするプロジェクト「JAPAN SHORTS」の1本。

ストーリー[編集]

2013年、地球に接近した超巨大隕石。
上空にあるけれど一向に落ちてこない、不可解な滞空を続けていた。
何年も妻を抱くことを出来ないでいる男…
自信を失った我々は、再び立ち上がることができるのだろうか。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]