雀卵斑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(じゃくらんはん、ephelis)とは、皮膚にできる色素斑(しみ)の一つ。文字通りスズメ(卵殻)の模様に色や形が似ていることから名付けられた。一般的にはそばかす(freckle)と呼ぶ。

日本では医薬部外品の成分として「シミ・そばかすをふせぐ」という効能表示が承認された日焼け止め美白化粧品がある[1]

症状[編集]

主に顔のの下にみられる。直径3〜5mmの細かい茶色の色素斑が散在。手背・肩にもできることがある。

時期[編集]

幼児より思春期に好発。

原因[編集]

常染色体優性遺伝形式をとる。白人に多いが、日本人でも見られる。メラノサイトが局所的に活性化し、メラニンの色素が多数沈着して黒くなる。光線過敏も合併していることが多い。

治療[編集]

紫外線防御が重要となる。日本で医薬部外品の成分として、日焼け止めには「日焼けによるシミ・そばかすをふせぐ」、美白化粧品では「メラニン生成を抑えシミ・そばかすをふせぐ」という効能表示が承認されている[1]。もっとも美白化粧品では、肝斑など既にある色素沈着が改善したかで判定している[1]

レーザー治療を美容外科で施すこともある。

出典[編集]

  1. ^ a b c 長沼雅子「香粧品の有効性の歴史的変遷」『日本香粧品学会誌』第39巻第4号、2015年、 275-285頁、 doi:10.11469/koshohin.39.275

関連項目[編集]

肝斑(しみ)